2009-04-22

阿修羅像フィギュアがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

先日行った阿修羅展で予約購入していた阿修羅像のフィギュアが届いたsign03

090422_01

予想通り先週には完売してしまったらしく、ヤフオクでは1万~2万ぐらいの値がついてるそうだ

凄いな

って事で、興福寺のデスクトップを背景に撮影してみました。なかなか雰囲気が出ていていい感じだw
090422_02

090422_03

惜しむらくは、八部衆の他の7体がいない事ぐらいか・・・
迦楼羅とかもぐっとくるんだけどなぁ

2009-04-07

国宝・阿修羅展へ行ってきた!

上野の国立博物館で開催中の『国宝・阿修羅展』へ行ってきた。

Nec_1044

昨年は薬師寺の日光・月光菩薩様に会えたけど、今年は「Best of 仏像」の呼び声も高い興福寺の阿修羅様だ。ワクワクしない方がどうかしてる。
で、今日から3日間は「阿修羅ファンクラブ特別鑑賞会」として、閉館後の午後6時半から特別に八部衆・十大弟子を鑑賞できるという事で、仕事をさっさと終えて上野へ向かった。

列に並んで入場するや否や阿修羅様へ直行・・・と、その前に、海洋堂制作の「阿修羅フィギュア」の予約をする方が先だ。

Nec_1046

あまりの人気で初日の午前中で初回入荷分が完売し現在予約受付中。その予約も今月半ばには予約受付を終了してしまうほどの人気。送り状に住所を書いて代金2980円と送料500円を払ったら、今度は黒木瞳の音声ガイドを借りる列に並ぶ。音声ガイドには実は・・・黒木瞳以外にも・・・

八部衆と十大弟子の感想は・・・ただただ感動~

阿修羅様だけ別室でただ1体展示されていて360度見回せる。阿修羅様の後姿は新鮮です。何だかタラバガニみたいで・・・


お土産コーナーは相変わらず、マニア心をくすぐるグッズで溢れている。 そんな中で見つけたCD

『愛の偶像(ラブ・アイドル)/高見沢俊彦』
作詞:みうらじゅん 作曲:高見沢俊彦

Nec_1048

阿修羅ファンクラブ会長のMJと“ミスター阿修羅”高見沢俊彦のコラボCDは、阿修羅ファンクラブ公式ソング。わざわざこのために書下ろしたのかと思ったら、実は2007年にリリースされた高見沢俊彦のアルバムからのシングルCD化らしい。

♪Oh.阿修羅~ Oh.阿修羅~

すっげ~耳に残るだコレがw

2009-02-21

『国宝 三井寺展』へ行ってきた

20日は会社の創立記念日で半日出勤。

って事で、東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で開催中の『国宝 三井寺展』へ行ってきた。

Nec_1037

秘仏開扉。

と聞かされてワクワクしない訳がない。
で、満足して帰ってきた。

先週行った国立博物館で開催中の妙心寺展も良かったけど襖絵などが中心だったので、余計に仏像への飢餓感があったんだろう。仏像以外でも金剛界五部の諸尊の観法を説いた「五部心観」なども圧巻だ。


今春は他にも仏像の展示が目白押しだ。

妙心寺展 1/20~3/1 東京国立博物館
国宝 三井寺展 2/7~3/15 サントリー美術館
平泉~みちのくの浄土~展 3/14~4/19 世田谷美術館
国宝 阿修羅展 3/31~6/7 東京国立博物館

すっげ~楽しみだ

2008-11-30

熊野本宮大社

仕事の関係で紀伊田辺~勝浦まで行ってきました。
せっかくなので、道中にある熊野本宮大社へお参りです。

081130_01 081130_02

関東方面からここまで来るには
新幹線で名古屋まで出て特急で3時間半か
大阪から特急で3時間45分
じゃなければ羽田から空路で南紀白浜まで出て...


いずれにしても、そうそう簡単に来られる場所ではないけど、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録されてから何となく関東方面から一度は訪れたい場所のひとつになっていると思う...のは俺だけ?

もう、イメージとしては『神話の舞台』そのもので、神の住まう場所としか思っていない...のは私だけ?


って事で、期待大で訪れた本宮は、期待通りの厳かな雰囲気だけど、意外とその周辺のだけは開けていたのにびっくり。
門前に出店していたホームセンターのコーナンがその場の雰囲気に馴染んだ外観だったのにびっくり。写真が撮れなかったのが残念です。


お参りついでに『勝守』を頂いた。

Photo_2
八咫烏が描かれたこの勝守
サッカーファンにはたまらない一品では?

仕事じゃなければ、熊野三山の残り二つ
熊野速玉大社と熊野那智大社もお参りしたいところだけど
さすがに観光じゃないので...

ま、今度の機会に。


Photo

御朱印帖を出張鞄に忍ばせてあるところが旅慣れてるかとw

2008-02-12

不動ヶ岡不動尊と五家寶

080211_01

加須市不動岡にある不動ヶ岡不動尊・玉嶹山總願寺へやってきた。

今年前厄な私は“お不動様”にはちょっと敏感。 一方、不動産事務所の看板にも敏感に反応してしまうといった、ちょっと困った一面も ...


\(^_\) (/_^)/


関東三大不動に数えられる由緒あるお不動様(他2つは高幡不動と成田山)で、しかも先週の節分会に、朝青龍・白鵬の両横綱や大関の琴欧州・魁皇らが来たと聞いては


「さぞ御利益があるのでは...」


と思ってお参りにやってきた次第。 (ちょうどお参りに来たときにそれらの関取の名前が書かれたのぼりを撤去していました)


080211_02

例によって納経印を貰う。いっそ関東三十六不動霊場を回ろうか。前厄・本厄・後厄の3年がかりだったら出来なくもなさそうだし。


080211_03

不動岡といえばやっぱり五家寶。 っていうか五家寶は熊谷だっけ?
どっちも起源を主張してるようだけど おいしいから

「そんなの関係ねぇ」

2008-01-04

まるでLIVEな川越初大師・護摩祈祷

1月3日は川越・喜多院の初大師。厄除元三大師のご縁日だ。


“厄除け大師”として信仰される滋恵大師が正月3日に涅槃を迎えられたので“元三大師”と言われるらしいのですが、実はそんなことも良く知らず、境内で開かれている「だるま市」が目的で参拝にやってきた。

080103_01

けど、写真のとおり参拝するだけでもこの人だかり。実は参拝の列の最後尾は写真の後ろはるか彼方...

いや、別にお賽銭投げたい訳じゃないし、だるまはすぐに買えそうだけど、せっかくだしなぁ...

と思いつつよくよく前を見ると「護摩受付所⇒」との案内が見える。


で、冒頭の初大師の薀蓄だ。『そうだ、こんな長い列を並んで参拝するだけよりもいっそ護摩祈願してもらえばいいんじゃね?』って事で、長蛇の列を横切って護摩受付所へ。実は昨日の初詣で知ったけど、今年はどうやら前厄らしい。この機会に“関東の三大師”喜多院で護摩祈願してもらうのは実に正しい選択。
だと思う...

って事で受付を済ませて堂内へ。ここも大変な混雑だが30分毎の入れ替え制だが、いつになるか分からない参拝の列よりは祈願の時間が受付で指定されるからよっぽどいい。

080103_02

本堂へ上がると、中央に祀られている慈恵大師を挟むように両脇に祀られている不動明王が二体。その前には火の焚かれた護摩壇が見える。程なくしてやってきた僧侶が護摩壇に座ると、お経と和太鼓に合わせて護摩札を炎の中に次々に投げ入れだした。


「パチパチ」と音を立てながら焚かれる護摩札
ゆれる炎の灯りに照らされる不動明王のお姿
そして延々と続くお経と和太鼓


本堂内で繰り広げられる密教独特の妖しさがたまらない。
いやもう、厄除けなんでどうでもいい。
まるで何かの演舞かLIVEを見ている気分。

祈願を終えて外でお札を受け取った。
厄除けのお札というよりも、公演帰りにサイン入りポスターを買った気分。


こんな表現は不謹慎かもしれないけど、正月からいいもの見させてもらった。

いや、多分昔の人は同じように思ったのかも。今と違ってそんなに娯楽がなかった時代、正月の護摩祈願なんて年に一度のお楽しみだったに違いないと思う。変に「ありがたみ」を感じるよりも「いいもん見させてもらった!」という方が正しいのかもしんない。

と、勝手に解釈しておこう。

2008-01-02

初詣・武蔵一宮氷川神社

080102

昨年同様、地元の加茂神社へお参りしたあとで、氷川神社へ初詣。

昨年は、京都・奈良をはじめとした各地の寺社仏閣を、これまでで一番参拝した一年だった。多分今年も各地の寺社仏閣を参拝するだろうけど、年の初めにはまず氷川さんへお参りしなきゃ。

まずは昨年一年お世話になったお札と破魔矢をお返しし、楼門の前で入場規制の順番を待ってからいざいざ参拝。今年はいろんな意味で節目になりそうな予感がするので、いつもの年より念入りに。そしてお札と破魔矢をいただいて、車や鞄に仕込む各種ご利益の御守をもらう。

さ、今年も頑張んなきゃね。

2007-07-02

住吉大社

鳥居 反橋

南海線・住吉大社駅を下車するとそこは、石灯籠が並んだ参道。否が応でも参拝ムードに包まれる。その参道をほんの少し歩くと阪堺線の路面電車が走る通りの向こうに鳥居と大きな反橋(太鼓橋)が見えてきた。

摂津国一之宮の住吉大社だ。

住吉鳥居 本殿

住吉大社の御祭神は、住吉大神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)と神功皇后。それぞれ第一本宮から第四本宮に祀られていて、奥から手前にかけて第一本宮・第二本宮・第三本宮と縦一列に並び、第三本宮の右横に第四本宮が建てられている。

第一本宮

底筒男命・中筒男命・表筒男命は黄泉の国から戻ってきたイザナギが禊をしたときに海の中から生まれた神様で、神功皇后が新羅遠征の際に航海の神として霊力を発揮したそうです。

という事で住吉大社といえば、禊祓いの神であって航海の神様でもあるから、水難除守を貰ってきた。

大鳥大社の航空安全のお守りと共に持っていればなんと心強いことであろうか!

御朱印

2007-07-01

大鳥大社

鳥居 拝殿

本殿
和泉国一之宮の大鳥神社へやってきた。
大鳥大社の由緒は、伊吹山で倒れ能褒野で息を引き取り陵に葬られたヤマトタケルの魂が白鳥となって、最後に舞い降りた地に社を建てて祀ったのが始まりだとか。

ということで「航空安全御守」という珍しい御守を授与している。
出張で飛行機に乗る機会が多いので(この日もこれから搭乗予定だったので)、「航空安全御守」を頂いた。

以前、熱田神宮で「仕事守」を頂いてるから、ご利益が何倍にもなる事だろう。
何故って、そりゃあ「熱田神宮=草薙剣」だから。熱田神宮に草薙剣を置いてってしまったから、伊吹山で倒れたんだからね。

日本武尊御神像
日本武尊御神像

御朱印

2007-06-08

明治神宮

明治神宮へやってきた。

南参道・神宮橋口の鳥居 大鳥居
左:南参道・神宮橋口の鳥居
右:大鳥居

社殿 神門
社殿前の鳥居と神門

外拝殿 内拝殿
外拝殿・内拝殿

明治神宮といえば毎年初詣の参拝者数は日本一。当然関東の人間だったら一度はお参りしていそうなものだけど、実は今回初めての参拝だ。
原宿や代々木周辺なんて、これまで何度も来ているのに、そもそも毎朝通勤ですぐ横を通り過ぎているのに...
今更だけど、都会のど真ん中にこんな神聖な場所があったなんて新しい発見です...

明治神宮御朱印

より以前の記事一覧