« 日光二荒山神社-日光山内めぐり・3 | トップページ | 喜多院 »

2007-05-08

日光山 輪王寺-日光山内めぐり・4

日光山内めぐりのトリは日光山 輪王寺。下野国出身の奈良時代の僧・勝道上人によって開創されたとのことで、平安時代に天台宗の高僧・円仁(慈覚大師)が来山して天台宗になったそうです。

ちなみに弘法大師も来山していて二荒山を「ニコウ」と読んだ事から日光になったとか...

江戸時代になって天海大僧正が住職となってからは、東照宮・大猷院を設け、比叡山延暦寺、東叡山寛永寺、日光山輪王寺の三つを「天台三山」と呼んだそうで、比叡山根本中堂を模して建立されたと言われる本堂の三仏堂は、東日本最大の木造建築物だそうで名前のとおり三体の本地仏を祀っています。

男体山=千手観音
女峰山=阿弥陀如来
太郎山=馬頭観音

と、輪王寺でも日光連山を御神体をしてます。これらのご本尊は台座から光背の上まで約8メートルと大きなもので、実物を目にすると圧倒されます。


黒門 三仏堂(本堂)
左:黒門 右:三仏堂

三仏堂 逍遙園
左:三仏堂 右:逍遙園

逍遙園 勝道上人像と日光連山
左:逍遙園と三仏堂 右:勝道上人像と日光連山

四本龍寺紫雲石 四本龍寺紫雲石
本堂の三仏堂から離れた場所にある四本龍寺。
ちょうど日光橋を渡った正面の山の上にあるからか、もの凄い数の観光客が訪れているのにここだけはほとんど誰も拝観していません。
だけど、実はここが日光発祥の地だったそうです。

四本龍寺 神橋
左:四本龍寺観音堂・三重塔 右:神橋

輪王寺護摩堂御朱印 輪王寺黒門札所御朱印

« 日光二荒山神社-日光山内めぐり・3 | トップページ | 喜多院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/14978722

この記事へのトラックバック一覧です: 日光山 輪王寺-日光山内めぐり・4:

« 日光二荒山神社-日光山内めぐり・3 | トップページ | 喜多院 »