« 薫風の花の丘公苑 | トップページ | 日光へ来た! »

2007-05-02

気象衛星通信所へ行ってきた!

気象衛星『ひまわり』といえば、天気予報などで必ず出てくる雲画像などでお馴染み。赤道上約35,800km上空に静止している静止軌道衛星だ。

ではその『ひまわり』から送られてくる観測データを受信するところって何処にあるか知ってる?
 
それは...
 
 
埼玉県比企郡鳩山町にある気象衛星通信所

山頂にある2基のパラボラアンテナで受信されたデータは、ここから東京都清瀬市にある気象衛星センターで処理、画像データへ加工して気象庁へ送られて天気予報などに利用される。

とまあそんな重要な施設が県内にあったなんて知らずにたまたまやってきた。見学も出来るというので、お言葉に甘えてお邪魔させてもらいました。

ひまわり6号の模型 昔のひまわり模型
新旧ひまわりの縮尺模型。
左が現在運用されているひまわり6号。今どきの衛星ってこんなカタチしているんだと素直にビックリ。普通に想像するのは右のタイプだけど、これは以前のものだそうです。

パラボラアンテナ 070502_04
写真左は2基あるうちの一つのパラボラアンテナ。
直径がなんと18mもあります。
写真右はリアルタイムに受信しているひまわりの画像データ。


すぐ近くには、ここ以上に見学施設が充実しているJAXA(宇宙航空研究開発機構)地球観測センターもあります。

GWも残り半分。「宇宙に思いを馳せてみよう」って方は是非訪れてみては!

« 薫風の花の丘公苑 | トップページ | 日光へ来た! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/14931892

この記事へのトラックバック一覧です: 気象衛星通信所へ行ってきた!:

« 薫風の花の丘公苑 | トップページ | 日光へ来た! »