« 谷中大仏・上野大仏 | トップページ | 花の丘公苑のチューリップ »

2007-04-13

「キヨスク」が再開する頃には「キオスク」になってるんだろう...

最近やたらとキヨスクが閉まってると思ったら...


首都圏のキヨスク、3分の1が臨時休業…リストラ補充失敗

電車に乗る前に雑誌を買おうとしたら、売店のシャッターが閉じていた――。最近そんな経験をした人が少なくないはずだ。首都圏のJR駅で、スタンド型売店「キヨスク」の3分の1が臨時休業するという異常事態が続いている。
店舗を運営するJR東日本の子会社が人員整理を進めた結果、販売員が十分に確保できなくなったという。休業店再開のメドは立っておらず、駅利用者の不満は高まる一方だ。
JR東管内でキヨスクを運営する「東日本キヨスク」によると、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の約560店舗のうち、現在185店舗が臨時休業中。閉鎖は昨秋から都心の主要駅で始まり、今では近郊の駅にも拡大している。 (読売新聞の記事より引用)

キヨスク閉店中

閉店中のキヨスクに契約社員募集のポスターが何とも物悲しい...

一方でコンビニ店のNEWDEYSも増えてるんだけど、急いでいるときにパッと買えるのがキヨスクのいいところ。早く再開してくれないかなあ...


追伸
キヨスクを運営している「東日本キヨスク」が7月から社名を「JR東日本リテールネット」に変更する事になった。これを機会に『キヨスク』ではなく『キオスク』として親しんで欲しいとの事だ。
というのも、スペルは『KIOSK』なので“キオスク”と発音するのが正しいんだけど、鉄道弘済会の運営から、87年の国鉄民営化に伴い新会社を発足。「気安く」「清く」というイメージから社名を「東日本キヨスク」とつけたそうです。でも「東海キヨスク」「北海道キヨスク」「四国キヨスク」には“キヨスク”が残るそうです...

個人的に“キオスク”というと、ショッピングセンターや家電屋、スーパーの店頭においてあって、来店ポイントを加算したり、たまったポイントをクーポン券交換したりする「マルチメディア端末」の事を呼んでるので、“キヨスク”は“キヨスク”のままでいて欲しかった...

ちなみに“KIOSK”とは「あずま屋」を意味するトルコ語だとか。

« 谷中大仏・上野大仏 | トップページ | 花の丘公苑のチューリップ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/14671424

この記事へのトラックバック一覧です: 「キヨスク」が再開する頃には「キオスク」になってるんだろう...:

« 谷中大仏・上野大仏 | トップページ | 花の丘公苑のチューリップ »