« 春日大社・興福寺-古都を訪れて・9 | トップページ | 唐招提寺-古都を訪れて・11 »

2007-03-03

大神神社・橿原神宮-古都を訪れて・10

大和國一之宮・大神(おおみわ)神社(三輪明神)
二の鳥居 大きな注連縄の向こうが拝殿
JR奈良駅からワンマン列車の桜井線に揺られる事30分弱の三輪駅から歩いて約10分、大神神社へやってきた。
駅の横から続く参道はなだらかな登坂になっていた。あちこち歩き回って既に脚が張っていた体にはちょっと厳しいが、坂道を登りきったところに大きな注連縄が見えてきたところが拝殿のようだ。

拝殿 拝殿
実は大神神社は、三輪山を御神体として本殿は設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居を通してお山を拝すという、原初の神祀りの様が伝えられている日本最古の神社の一つ。という事で山中に摂社末社があるようだけど、今回は勘弁...

三輪そうめんの町 大鳥居と三輪山
大鳥居と三輪山 隣には「三輪そうめんの町」の看板が!

実はこの土地の名物はそうめん。“三輪そうめん”と聞いて「三輪ってここの事だったんだ」と初めて気がついた。ここまで来なかったら、多分一生気にもしなかった事かもしれない...
 
 
橿原神宮
第二鳥居 南神門
近鉄大和西大寺駅から橿原線で約30分強、奈良第二の都市・橿原市の中心駅、橿原神宮前駅から歩いて10分ほど、橿原神宮へやってきた。

外拝殿 内拝殿
橿原神宮は初代天皇とされる神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)を御祭神として祀る神社で、神武天皇の畝傍(うねび)橿原宮があったとされる場所に創建されたそうです。
とにかく広い境内で、雨上がりの平日だからか参拝客もまばらだからか、なおも広く感じられた。

参拝を済ませて大和三山の畝傍山を横に見ながら、神武天皇陵へ向かった。
 
 
神武天皇陵(畝傍山東北陵)
外拝殿 内拝殿
神武天皇陵の案内が立った入口から玉砂利を敷いた参道を歩くと、神武天皇陵がありました。


大神神社御朱印 橿原神宮御朱印
左から、大神神社・橿原神宮の御朱印

« 春日大社・興福寺-古都を訪れて・9 | トップページ | 唐招提寺-古都を訪れて・11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/14121452

この記事へのトラックバック一覧です: 大神神社・橿原神宮-古都を訪れて・10:

« 春日大社・興福寺-古都を訪れて・9 | トップページ | 唐招提寺-古都を訪れて・11 »