« 東大寺-古都を訪れて・1 | トップページ | 東福寺-古都を訪れて・3 »

2007-02-23

法隆寺-古都を訪れて・2

奈良公園周辺(東大寺春日大社・新薬師寺・興福寺)を回った後、バスで斑鳩へ移動。

当然、目指すは法隆寺。
ここ数年、一番訪れたいと思っていた場所でもある。

法隆寺 五重塔と梅の花

西院伽藍(五重塔・金堂)<br />
大講堂

五重塔

やっぱり期待どおり。いや期待以上だったかも。
実際、2時間ぐらい拝観していて、予定していた薬師寺・唐招提寺が回れなくなってしまったけど。

百済観音像の美しさに感動。今のところ今回の旅で一番感動したのが百済観音像。
不謹慎だけど今の人も羨むようなスレンダーなスタイルに、アキバ系の方なら「萌え~」ってなるんじゃないか。だって美少女フィギュアのスタイルそのものだもん。そんな観音像を飛鳥の時代に作っていたって事は、当時の人の美的感覚って今の時代とそんなに変わらないんじゃないか。っていうか、当時の美的感覚が現代の日本人のDNAに記憶されているんじゃないか...

そんな風にも思えてしまった。

法隆寺御朱印 法隆寺西円堂御朱印 中宮寺御朱印
左から、法隆寺・法隆寺西円堂・中宮寺の御朱印
法隆寺の御朱印には「以和為貴(和を以て貴しと為す)」と憲法十七条の第一条の有名な一文が!これだけで何だか感激してしまった。

中宮寺といえば「世界三大微笑み像」の菩薩半跏像があまりにも有名。右手の指を頬に添えて微笑む姿はあまりにも繊細で女性的な美しさをたたえてます。先の百済観音像などもそうだけど、斑鳩の仏像はとにかく女性的でどれも見とれてしまいます。ちなみに三大微笑み像のほかの2つは、エジプトのスフィンクスとモナリザ像だとか。

« 東大寺-古都を訪れて・1 | トップページ | 東福寺-古都を訪れて・3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/14014334

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺-古都を訪れて・2:

« 東大寺-古都を訪れて・1 | トップページ | 東福寺-古都を訪れて・3 »