« 週替りChef'sランチ \950 | トップページ | 織姫神社の夕日 »

2007-01-25

足利織姫神社

足利のシンボル・足利織姫神社へやってきました。

※今回の写真は全てクリックすると大きくなります

織姫神社

『織姫神社』って名前を聞くと「七夕に縁がある神社?」って気がするけど、実は1300年の伝統を持つ足利織物の守り神で、機織(はたおり)を司る天八千々姫命(アメノヤチチヒメノミコト)・天御鉾命(アメノミホコノミコト)の二柱が祭神ですが、経糸・緯糸を織り合わせることから縁結びの神様としても親しまれています。

写真の朱塗りの社殿は昭和12年建立の鉄筋コンクリート製。神楽殿、社務所、手洗舎と共に国の登録有形文化財です。

 御朱印 強風にはためくのぼり
今回初めて御朱印をもらってきました。御朱印帳は持ってないので紙に書かれたものを譲ってもらいました。
これだけあちこち神社を回ってるんだから、今度から御朱印帳を持って参拝しようか思案中...


境内からの眺望
織姫神社の境内からの見事な眺望。足利の街並みが一望です。条件が整えば新宿の高層ビル群も見えるとか。それでもこの日は遠くには富士山が頭を出してました。
これだけの眺望なので容易に想像つくと思うけど、実は北関東屈指の夜景スポットです。

かつて境内は草木が生え放題で、この素晴しい眺望も木の枝が邪魔で見づらかったそうですが、地元の方々の整備のおかげで、再びこの見事な眺望を見られるようになったそうです。


縁結びの神
“縁結び”っていってもいろんな意味の縁結びがあるんですね。


織姫神社の由来
織姫神社の由来はこちらを参考に。


070125_06
社務所にいた宮司さん?が教えてくれた「早咲きの梅」。やっぱり今年は暖冬なんだなあと実感します。

この宮司さん(じゃないらしいけど)にいろいろお話を伺いました。東武鉄道が積極的にアピールしてくれたおかげで、埼玉や東京からの観光客が多くなったこと、以前は草木が生え放題だったけど地元の方々が整備してきれいになったこと、神社といっても宗教としてではなく地元の憩いの場という色合いが強い(鑁阿寺も同様だそうです)とか、桜の季節と紅葉の季節がオススメだとか。織姫神社がある機神山(はたばみやま)、又の名を織姫山には織姫公園があって、山全体に花が咲くそうです。駐車場から入ってくる入口には大藤棚で有名なあしかがフラワーパークの指導で大きな藤棚をこしらえ中
などなど...

こんな話を聞いているうちに「ああ、この神社は地元に愛されてるんだなあ」って実感しました。

070125_07
ファッション大使コンテストもあるそうですよ。


素晴しい景色と、暖かい雰囲気につつまれた織姫神社。
オススメです!

« 週替りChef'sランチ \950 | トップページ | 織姫神社の夕日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/13659175

この記事へのトラックバック一覧です: 足利織姫神社:

« 週替りChef'sランチ \950 | トップページ | 織姫神社の夕日 »