« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007-01-31

小江戸川越特集その4・五百羅漢

喜多院の五百羅漢です。

五百羅漢 五百羅漢

日本三大羅漢の一つに数えられる喜多院の五百羅漢は、十大弟子・十六羅漢を含めた533体に如来・菩薩を加えた全538体が鎮座しています。

...

これで4回も引っ張った小江戸川越特集も一区切り。

というのも、実は時間の都合で、喜多院ではほとんど何も見ないまま(というか拝観時間が過ぎてた)帰って来たから。なので、今度川越散策するときは喜多院から再開予定。

って、いつになるかわかんないけど...

2007-01-30

小江戸川越特集その3・とおりゃんせ

♪とおりゃんせ とおりゃんせ

 ここはどこの 細通じゃ

 天神さまの 細道じゃ

 ちょっと通して くだしゃんせ

 ご用のないもの とおしゃせぬ

 この子の七つの お祝いに

 お札を納めに まいります

 行きはよいよい 帰りはこわい

 こわいながらも

 とおりゃんせ とおりゃんせ♪


誰でも知ってる童謡「とおりゃんせ」の発祥の地と伝えられているのが、川越城本丸御殿の隣にある三芳野神社です。

三芳野神社 とおりゃんせ発祥の地

本丸御殿の隣にあることからわかるように、三芳野神社は川越城内にあったため、一般の人が参拝するのが難しかったそうで、その様子を謡ったのが「とおりゃんせ」だそうです。

070130_03
とおりゃんせ とおりゃんせ

ここはどこの 細通じゃ

天神さまの 細道じゃ
 
 
 
070130_04
行きはよいよい 帰りはこわい

こわいながらも

とおりゃんせ とおりゃんせ
 
 
 
「とおりゃんせ」は歌詞が怖いだのメロディが不気味だのいろいろ謂れはあるようだけど、多分これが本当なんだろね。そもそもこの「とおりゃんせ」が生まれた江戸時代と今の時代背景が違いすぎるから、現代の感覚で歌詞やメロディを怖がってもねぇ。あまりピンと来ないもんねぇ。

2007-01-29

小江戸川越特集その2・川越城

今年は川越城の築城550年だそうだ。

熊本城が築城400年だから、ずいぶんと歴史のある古城なんだけど、そんな事は露知らず、N903iのGPS川越城本丸御殿にセット。案内にしたがって歩いていくと、目の前に飛び込んできたのは....

070129_01
ここが川越城本丸御殿。
こんな建物が隣町にあるなんてちょっと感激だ。

070129_02
立派な玄関に誘われて、中を見学する事にした。
入館料は何と100円。京都あたりの史跡の拝観料に慣れていたので100円とはちょっと驚きです。

しかも「写真はダメですよね」と聞くと
「ジャンジャン撮って下さい」とこれまた予想だにしなかった解答。

って事で遠慮なく撮影させてもらいました。

大広間 障壁画
玄関を入ってすぐの大広間には障壁画が描かれてます。

070129_05 070129_06
家老詰所の様子。


本丸御殿から少し南に歩くと、富士見櫓跡がありました。

富士見櫓跡 富士見櫓跡
ちょっと見、小高い築山といった感じだけど、天守閣のなかった川越城にとって、お城で一番高いところにあった富士見櫓が天守閣の代わりだったそうです。今は御嶽神社が祭られていました。

富士見櫓跡からの眺望
富士見櫓の名のとおりかつては富士山が望めたんでしょうね。

川越城は、昨年、日本100名城に選ばれたそうです。

2007-01-28

小江戸川越特集その1・川越氷川神社

先日、足利を訪れてみて、ふと川越を歩きたくなった。


小江戸と呼ばれるように、江戸時代・徳川家の面影が色濃く残る川越に対して、足利は足利氏発祥の地だから、残っている建物の建築様式などは全く違うんだけど、足利市の街をあげて手作り感覚で観光を振興してる様子が、何となく川越のそれとダブって見えたから。いみじくもどちらも東武船沿線っていうのも共通点だ。

とはいえ、実をいうと川越の街を観光で歩いた記憶っていうのはあまりない。一度、年賀状のネタ探して歩いたけど、観光といえば、小さい頃に芋掘りに来た程度。川越城址も喜多院も、数え切れないほど前を通り過ぎているのに足を踏み入れた記憶がない。

観光で来るにはあまりにも近すぎて...
でもその場所で育った訳じゃないから意外と知らない街...


って事で、思いたったが吉日。川越の街中へやってきた。
もっとも、クルマでほんのちょっとの距離だから、そんな大層な意気込みもないけど...


まずはじめに立ち寄ったのは、川越氷川神社
川越氷川神社

川越氷川神社は、古墳時代に武蔵国造が大宮氷川神社より分祀、奉斎したそうで、祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)・手摩乳命(てなづちのみこと)・脚摩乳命(あしなづちのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)の5柱。二組の夫婦神様と大己貴命を祀っていることから、縁結びの神様として有名で、休日には何組も神前結婚式をあげてる様子を見かけます。

御朱印 大鳥居
写真の大鳥居は高さ15m。木製の鳥居としては日本一の大きさだとか。あれ?じゃあ大宮氷川神社の2ノ鳥居は関東一じゃないじゃん。

何だかここのところ、ずっと神社ネタが続くんだが...
御朱印が神社巡りの燃料になってる...
今回も半紙に書かれたものを貰ってきたけど...
そろそろ御朱印帳欲しいんだけど...
氷川さまは大宮にも川越にも置いてないねぇ...

2007-01-27

氷川神社の本社・摂社・末社を巡拝

武蔵一宮 氷川神社の境内には、本社の他にも摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)と呼ばれる境内神社が13社あります。

一般的には、摂社は本社の御際神と縁故の深い神を祀った神社で、末社はそれ以外の神社だそうですが、氷川神社の場合、本社に祀られている神様は3柱だけど、境内神社を含めると何と22柱にもなるので(2柱だぶっててるから20柱?)、全部巡拝すればご利益は何倍にもなるのでは?

って事で、境内神社と祀られている神様を紹介します。

※写真は全てクリックすると別窓で大きい写真が開きます

氷川神社・楼門 氷川神社・御朱印

※摂社・末社の位置はこちらを参考に
武蔵一宮 氷川神社境内案内図


武蔵一宮 氷川神社御社殿 摂社 門客人神社・末社 御嶽神社
左写真:武蔵一宮 氷川神社御社殿
須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)

右写真(左):摂社 門客人神社(もんきゃくじん)
足摩乳命(あしなづちのみこと)
手摩乳命(てなづちのみこと)

右写真(右):末社 御嶽神社(みたけ)
大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)

門客人神社・御嶽神社は、神札授与所の横にある東門をくぐるとすぐ隣にあるので、一緒にお参りする人も多いのでは?


摂社 天津神社 摂社 宗像神社
左写真:摂社 天津神社(あまつ)
少彦名命(すくなひこなのみこと)

天津神社は古神札納所の横にあります。

右写真:摂社 宗像神社(むなかた)
多起理比売命(たぎりひめのみこと)
市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)
田寸津比売命(たぎつひめのみこと)

宗像神社は裏参道からお参りすると最初にある社。海の神様らしく神池に浮かぶ小島にあるので、ここから見る神橋は絶好のビューポイントです。


六社 天満神社
左写真:六社
末社 山祇神社(やまづみ)
大山祇命(おおやまづみのみこと)
末社 石上神社(いそのかみ)
布都御魂命(ふつのみたまのみこと)
末社 愛宕神社(あたご)
迦具土命(かぐつちのみこと)
末社 雷神社(いかづち)
大雷命(おおいかづちのみこと)
末社 住吉神社(すみよし)
底筒男命(そこつつのおのみこと)
中筒男命(なかつつのおのみこと)
上筒男命(うわつつのおのみこと)
末社 神明神社(しんめい)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)

六社は古神札納所の手前にあります。

右写真:末社 天満神社(てんまん)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

境内神社の中で唯一、三ノ鳥居の内側にないのいで見つけにくい神社です。上の案内図にも掲載されてませんが、実は二の鳥居手前の参道脇にあります。
(下の二ノ鳥居の写真の立ち位置だと右手になります)


末社 松尾神社 末社 稲荷神社
左写真:末社 松尾神社(まつお)
大山咋命(おおやまくいのみこと)

神橋の手前にある神社です。

右写真:末社 稲荷神社(いなり)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

宗像神社の向かいにあるので、裏参道から来ると真っ先に目に付きますが、社務所の裏に隠れてるので参道からだとわかりにくいかも。


二の鳥居
※二ノ鳥居の高さは13mで木造では関東一の高さ。

と、境内神社を全てお参りしたけれど、それぞれ祀られている神様がどんな神様なのか、またそれぞれの神様がどんな関係だったのかなどを知ってると、もっとありがたさがわかるかもしれません。


例えば氷川神社の本社と摂社のそれぞれの神様とその関係をみてみると...

御祭神の3柱のうち、須佐之男命(=スサノオ)については説明不要だと思うけど、もの凄く簡単かつ乱暴に説明すると、母親のイザナミに会いたいと泣き叫んでは天地に甚大な被害を与え、姉の天照大御神(=アマテラス)が納める高天原に登れば姉に攻め込んできたと勘違いされ疑いを解くために誓約したものの、その後のあまりの乱暴ぶりにアマテラスが天岩戸へ隠れてしまった神話はあまりにも有名だが、最も有名なのはヤマタノオロチを退治したこと。

で、その時に食べられる寸前だったのが御祭神の1柱、稲田姫命(=クシナダヒメ)。ヤマタノオロチに食べられる寸前だったクシナダヒメを妻にしてオロチを退治した神話は誰でも知ってると思うが、そのクシナダヒメの親で8人の娘のうち7人までがオロチに食べられてしまったのが摂社・門客人神社が祀っている足摩乳命・手摩乳命(=アシナヅチ・テナヅチ)の夫婦。

御祭神の1柱、大己貴命(=大国主)は日本書紀ではスサノオの息子(古事記他では6世の孫)で、国造りをした神様。因幡の白兎伝説もこれまた有名だが、その国造りの手助けをしたのが、摂社・天津神社の少彦名命。

摂社・宗像神社の宗像三女神は、先に説明したスサノオがアマテラスと天の安河を挟んで誓約したときに、スサノオの剣を三つに折って生まれたスサノオの娘...


と、こんな風に神話をひも解いてみると、参拝をする楽しみが増えるのでは?

個人的にはスサノオのあまりにもロックな生き方に驚きです。

2007-01-26

織姫神社の夕日

織姫神社の境内から見た夕日です。

織姫神社の夕日

織姫神社の夕日

※写真をクリックすると別窓で大きな写真が開きます

足利の夕日といえば「夕日がきれいな街」と森高千里が渡良瀬橋で歌っていたけど、渡良瀬川の水面に夕日が映る様はホントにきれいでした。

2007-01-25

足利織姫神社

足利のシンボル・足利織姫神社へやってきました。

※今回の写真は全てクリックすると大きくなります

織姫神社

『織姫神社』って名前を聞くと「七夕に縁がある神社?」って気がするけど、実は1300年の伝統を持つ足利織物の守り神で、機織(はたおり)を司る天八千々姫命(アメノヤチチヒメノミコト)・天御鉾命(アメノミホコノミコト)の二柱が祭神ですが、経糸・緯糸を織り合わせることから縁結びの神様としても親しまれています。

写真の朱塗りの社殿は昭和12年建立の鉄筋コンクリート製。神楽殿、社務所、手洗舎と共に国の登録有形文化財です。

 御朱印 強風にはためくのぼり
今回初めて御朱印をもらってきました。御朱印帳は持ってないので紙に書かれたものを譲ってもらいました。
これだけあちこち神社を回ってるんだから、今度から御朱印帳を持って参拝しようか思案中...


境内からの眺望
織姫神社の境内からの見事な眺望。足利の街並みが一望です。条件が整えば新宿の高層ビル群も見えるとか。それでもこの日は遠くには富士山が頭を出してました。
これだけの眺望なので容易に想像つくと思うけど、実は北関東屈指の夜景スポットです。

かつて境内は草木が生え放題で、この素晴しい眺望も木の枝が邪魔で見づらかったそうですが、地元の方々の整備のおかげで、再びこの見事な眺望を見られるようになったそうです。


縁結びの神
“縁結び”っていってもいろんな意味の縁結びがあるんですね。


織姫神社の由来
織姫神社の由来はこちらを参考に。


070125_06
社務所にいた宮司さん?が教えてくれた「早咲きの梅」。やっぱり今年は暖冬なんだなあと実感します。

この宮司さん(じゃないらしいけど)にいろいろお話を伺いました。東武鉄道が積極的にアピールしてくれたおかげで、埼玉や東京からの観光客が多くなったこと、以前は草木が生え放題だったけど地元の方々が整備してきれいになったこと、神社といっても宗教としてではなく地元の憩いの場という色合いが強い(鑁阿寺も同様だそうです)とか、桜の季節と紅葉の季節がオススメだとか。織姫神社がある機神山(はたばみやま)、又の名を織姫山には織姫公園があって、山全体に花が咲くそうです。駐車場から入ってくる入口には大藤棚で有名なあしかがフラワーパークの指導で大きな藤棚をこしらえ中
などなど...

こんな話を聞いているうちに「ああ、この神社は地元に愛されてるんだなあ」って実感しました。

070125_07
ファッション大使コンテストもあるそうですよ。


素晴しい景色と、暖かい雰囲気につつまれた織姫神社。
オススメです!

2007-01-24

週替りChef'sランチ \950

一昨日の1/22にオープンしたアートヴィレッジ大崎へさっそくランチを食べに出かけた。

まだ新しいからか、需要(周辺で働く人々)に対して供給(店数・席数)が少なすぎるのか、まだ12時前だというのにどこも行列...

だったけど、席数が多いLIONはすぐに座れた。
(12時過ぎたらダメだった...)


で、今日のランチはこれ。
Chef'sランチ070124
週替りChef'sランチ \950

さ、今度は飲みに来なきゃ。

2007-01-23

アートヴィレッジ大崎

急激に再開発が進む大崎界隈。

写真はアートヴィレッジ大崎セントラルタワーです。

22日にはローソンや大戸屋、LIONなどがオープンしたそうだけど、まだ行ってないや。

これまで昼食・夜の飲食事情が良くなかったエリアだったけど、これで多少は解消されるかな?

アートヴィレッジ大崎


2007-01-22

メルマガ整理(書く方の苦労もわかるけど...)

いつの間にか増えてるのがメルマガだ。

スパムメールは元々受信拒否してるし、仮に受信しても即削除&受信拒否登録。かつてはホームページのメルアドが自動的に収集されてスパムメールが殺到したけど、近頃じゃプロバイダもそういう対策もしてくれるから、スパムメール自体はほとんど受信する事はなくなった。

でもネットで買い物したりすれば、必ずそのショップからメルマガは届く。決してスパムメールって事じゃないんだけど、そういうメール配信元がどんどん増えてくると、アウトルックエクスプレスを立ち上げたら、メルマガが何10件もダ~っと受信されるわけで、そういうメールが増えてくればそれなりに容量を食うだろうし、アウトルックエクスプレスの起動も遅くなるだろうし...

って事で、これまた当然だけど、定期的にメルマガをバッサバッサと解除する。

以前と違って、削除ができないようなメルマガはなくなったけど、配信元によって削除方法がマチマチで、1クリックで削除できるものもあれば、いちいちログインして削除理由まで書かせるものもある。


こんな風に、簡単に削除されるメルマガだけど、書く立場になるとまた違った想いだと思う。


実は先日、仕事ではじめてメルマガの原稿を書いた。

あんまり長々と書いても読んでもらえないだろうから、大まかなテーマに区切ってひとことずつだけど、そんなんでもレイアウトを考えるのに丸1日、原稿を考えるのに更に1日もかかった。慣れればもっと早いんだろうけど、メルマガを書く方はこんなにも大変なんだと。


だからといって、受信されるメルマガをいちいち全部読むかといったらやっぱり読まない訳で、今も削除登録漏れで受信するメルマガを片っ端から削除登録している...

2007-01-21

JR川越線・踏切事故について

21日午前8時10分ごろ、さいたま市北区日進町のJR川越線・指扇-日進駅間の「日進第一踏切」で川越発新木場行き快速電車(10両編成)と乗用車が衝突。乗用車は炎上し、運転していた女性が死亡した。電車の乗客乗員約1000人にけがはなかった。

埼玉県警大宮署の調べによると、乗用車は電車の先頭車両に衝突した後、約30メートル引きずられ、炎上した。遮断機が折れていたことから、乗用車は遮断機が下がっていたところに進入したとみられる。同署で女性の身元確認を急ぐとともに、事故の原因を調べている。

 この事故で電車は自力走行できなくなり、川越線は大宮―川越駅間で上下線とも運転を見合わせた。午後1時過ぎには、別の電車を使って事故の電車を牽引(けんいん)中、現場から指扇駅寄りに約1キロの地点で事故の電車が脱線したため復旧作業が手間取った。JR東日本大宮支社などが脱線した原因を調べている。

 同支社によると、午後8時現在、同日中の運転再開のメドは立っておらず、終日不通の場合、上下109本が運休、約5万人に影響する見通しだという。

(読売新聞記事より引用)
----------------------------------------------------
近所で発生した悲しい大事故。

3年前までは現場の踏切から歩いて3分ほどのところに住んでいたし、この踏切は小さい頃から何度となく通ってる踏切。高校3年間は毎朝自転車で通り過ぎていたし、クルマを運転するようになってからも、家に帰ってくるときには必ず通っていた踏切。
※地図参照

そんな良く知った場所でで発生した大事故にショック。
結局今日1日復旧しないようだ。

夕方、現場の踏切を通過したときには、既に車両はなく問題なく通過できたが、線路には立入禁止の黄色いテープが張られその周りを大勢の作業員の方々が囲んでいるといった普段とは違う物々しい雰囲気に、事故の大きさを実感する。

今晩は天気が悪くなるようだけど、何とか明日の始発からの再開を願う。

2007-01-20

納豆狂想曲

今日一番ビックリした事といえば「あるある」の捏造発覚。


“あの『納豆ダイエット』は誇張だった!!”


...ふぅ
これでやっと明日から普通に納豆が買えるよ。


そもそもこの数日間、ホントに売ってなかったらね。納豆。
それまでどの店でもあれだけ山積になってたのに
それがきれいさっぱり売場から消えてるんだから驚き...
というか呆れる。

そもそも納豆なんて毎日食べる人が多いんだから
納豆で痩せるんなら、日本じゃメタボなんて話題にものぼらないのに。
ちょっと考えればすぐに『ウソ』ってわかるけど
それで踊らされた人が納豆を買っただけで売場から消えたって事は
そもそも納豆を毎日食ってる人って少ないって事なのかね。

っていうかちょっと前までは、大豆イソフラボンの摂り過ぎはまずいから、1日に納豆1パック以上食べたらダメとか言ってたのにね。


今日はまだ売場から納豆が消えたままだったけど
今度はあふれんばかりに納豆が並ぶ羽目になるんだろうね。


でも、カラダにいい事には変わりないんだから
これを機会に食べ続けた方がいいよ。納豆。

2007-01-19

今日からカラーコーディネーター!

昨年12月に受験したカラーコーディネーター検定の成績表が届いた。

3級 80点 合格!
2級 78点 合格!

「やったぁ!」っていうよりも
「ふ~っ、何とか受かった~」っていうのがホンネ。
準備期間はたったの2ヶ月だったし、テキストも3級こそ1回は通して読んだけど、2級なんて半分も読めなかったから、ホントに

「何とか受かった~」って実感する。

ちなみに受験データは
3級合格者数:5,018名/9,174名 合格率54.7%
2級合格者数:2,159名/6,034名 合格率35.8%

と、2級の合格率なんて4割切ってるもん。
ホント、我ながらよく受かったと思うよ...


CC検定2級合格証 CC検定3級合格証

思ってたよりもずっと安っぽいんですけど...
まるでPCで作成したぐらいに...

って事で、晴れてカラーコーディネーターとなりました。

明日から着てるモノでも何でも
「カラーセンスがない」と言われないようにしなきゃ。。。

2007-01-18

鷲宮神社(鷲宮町)

鷲宮町(わしみやまち)にある、鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)は、出雲族の草創に係る関東最古の大社とされる由緒ある神社。

中世以降には、関東の総社または関東鎮護の神として武将の尊崇が厚かったそうで、主な武将を挙げると、藤原秀郷・源義家・源頼朝・源義経・北条時頼・北条貞時・新田義貞・小山義政・足利氏歴代・古河公方・関東管領上杉氏歴代・武田信玄・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などなど...

鷲宮神社・参道
神社らしい境内に歴史を感じるのは気のせい?

鷲宮神社・拝殿
立派な拝殿に関東最古の大社を感じる...

鷲宮神社・拝殿と本殿
珍しく本殿は2つもある。実は天穂日宮とその御子武夷鳥宮が、大己貴命(オホナムヂノミコト)を祀った神崎神社を建てたのが始まりで、後に天穂日宮の御霊徳を崇め別宮を建てて奉祀。この別宮が現在の本殿。だから2つ並んでいるんです。

鷲宮神社で忘れてはいけないのは神楽。関東神楽の源流といわれ、国の重要無形民俗文化財にも指定されている神楽は一般に「鷲宮催馬楽神楽」と言われていますが、正しくは「土師一流催馬楽神楽」だそうです。


ちなみに、映画「ラブ★コン」のロケ地にもなったそうです。

で、やっぱりお札をもらってます。。。

2007-01-17

玉敷神社(騎西町)

騎西町にある玉敷神社です。

玉敷神社

玉敷神社・本殿

玉敷神社・本殿

玉敷神社といえば、樹齢推定400年の藤の木が有名だけど、実は延喜式神名帳に名を連ねる程の由緒ある神社で、武蔵七党の一つ、私市(きさい)党の崇拝を受けてました。かつては久伊豆大明神とよばれて、元荒川周辺に分布する久伊豆神社の総本社だそうです。玉敷神社神楽は県指定無形民俗文化財...

って、藤の木だけじゃない由緒ある神社なんだとはじめて知った。

更に、埼玉県の偉人の一人で、昭和36年に紫綬褒章を授与された元国学院大学長の神道学者・河野省三氏は玉敷神社の宮司だったそうで、生家跡は旧河野邸として玉敷公園の一部となってます。

と、たまたま立ち寄った神社だったけど、例に漏れずお札を貰ってきた。

って、今年に入ってお札何枚もらったんだろ。

2007-01-16

富士山・秩父連山の影絵

遠くの山にすっかり日が沈んだ後、まるで影絵のように山並みが浮かんでいました。

富士山・秩父連山の影絵
※クリックすると大きな写真が開きます


※お知らせ
2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間、メンテナンス実施のためにコメントとトラックバックの受付ができません。


2007-01-15

赤城山・日光連山のパノラマ

騎西付近で撮影した赤城山・日光連山のパノラマ写真

赤城山・日光連山のパノラマ
※クリックすると大きな写真が開きます

この景色が見られるようになると「冬だな~」って実感します。
ホント、山が近いよ。

2007-01-14

ソニックシティから見た夕日

大宮ソニックシティ最上階の30階・31階にあるテプコソニックは埼玉県随一の絶景スポットだけど意外と穴場。

特に晴れた日は、西から北にかけて、丹沢~富士山~秩父連峰~浅間山~上州の山~日光の山~筑波山と連なる山容は圧巻で、高いところと遠くの景色が好きな私が、ときたまブログのネタ作りにここへ上がってくると、大抵近所のチビッコとそのお母さん方ぐらいしかいない。


もったいないなあ。こんな景色をタダで見られるのに~!!


って事で、ちょうど日が落ちる時間に大宮駅前で買物していたので、デジカメ持ってテプコソニックへ上がってみた。すると、とても綺麗な夕焼けが広がってたのですかさず撮影。
070114_01

070114_02


続いて備え付けの望遠鏡にデジカメのレンズをつけて撮影。超拡大望遠レンズの出来上がりだw
その写真はまるで「太陽にほえろ」のテーマソングが聞こえてきそうな仕上がりに思わずニンマリ。ちなみに手前に写ってる2つのビルはふじみ野駅前のマンション(だと思う)。
070114_03


デジカメを望遠鏡につけたままズームを最大まで拡大してみる。すると、今まさに遠くの山に日が落ちんとするその瞬間を捉えることができた。ここまでくると何だか侘び寂びすら感じてしまいます。。。
070114_04

070114_05


ちなみに遠くの山とは、左にあるのが三ツ峠山(1875m)で、右にあるのが大谷ヶ丸(1644m)のようです。
070114_06


どちらの山も中央道のトンネルで有名な笹子のちかくにある山だけど、そんな遠くの山の山頂に建つアンテナまで見えたことにもちょっと感動。何となくだけど自分がその場所に立った感じがしてね。。。

2007-01-13

思った以上に使えるN903iのGPS機能

N903iにプリインストールされている、ゼンリン地図+ナビは、GPS機能と連動していわるゆ「カーナビ」としての機能を搭載している。

携帯でカーナビ?
それってどうせオマケレベルじゃないの?

などと思ったので試しに使ってみたら...

うわっ、結構使えるよコレw


当然、運転中は携帯の操作は厳禁なので、スタート前に行き先を設定してナビを開始後スタート。運転中は一切の操作をせず、ナビの音声案内のとおりに運転し目的地を目指してみた。

音声ナビは交差点を曲がるときぐらいしかナビゲーションしないけど、ちゃんと50mぐらい手前から案内してくれるので「え~っ、遅いよ~」って事もなくいい感じ。
そして...

ちゃんと、目的地に着いた~!

今度は意地悪くナビを無視して走ってみる。クルマに搭載しているHDDナビと比べりゃあ、リルートするまでの時間はかかるものの、昔のカーナビのように「来た道を戻れ」みたいなナビゲーションはしない。むしろ、HDDナビよりもまともな道をリルートしてくれるので驚きだ。


って事で、思った以上に使える。
今回は試してないけど、コレだけ精度が高ければ徒歩でも充分に使えそうだね。


N903iのGPS機能

でも、試用期間過ぎたらアンインストールしちゃうんだろうけど...

2007-01-12

大阪・梅田の夜景

淀川河川敷・十三大橋付近から見た梅田の夜景。

梅田スカイビルなど淀川を挟んで対岸に広がる梅田のビル群がとても幻想的でした。

梅田の夜景
※クリックすると大きい写真が開きます。

2007-01-11

今宮戎神社 十日戎

昨日の堀川戎神社の十日戎に続いて、今日は今宮戎神社の十日戎(残り戎)に行って来ました。

堀川戎神社の十日戎
残り戎とはいえ、こちらの境内も大賑わいです。
「年の初めのえべっさん 商売繁盛笹もってこい!」とお囃子ががず~っと響いていました。

福娘
福笹を授与する福娘さん。福娘は数千人の中から選ばれるそうで、皆さんとてもきれいな方ばかりです。


堀川戎と今宮戎の十日戎をハシゴしたから、今年はかなりのご利益でしょ!

2007-01-10

堀川戎神社 十日戎

“キタのえべっさん”堀川戎神社の十日戎へ行ってきました。

十日戎は1月9日~11日に行なわれるそうですが、特に今日10日は「本えびす」なので、境内はものすごい事になってました。

堀川戎神社の十日戎
正面の鳥居が入り口。
写真には写ってないけど鳥居前で境内への入場制限をしてるので鳥居の下は大勢の参拝客でごった返してます。


堀川戎神社の十日戎
「商売繁盛笹もってこい!」の掛け声が響き渡ってます。
当然境内は福笹や熊手をもとめる参拝客でごった返してます。


堀川戎神社の十日戎
さすがに福笹を持って帰って来られないので、おみくじを引いてお札をもらって参拝を終えました。

大阪では誰でも知ってるえべっさんだけど、関東ではなぜかあまり馴染みがない。実際、私もここに来るまで十日戎なんて知らなかったし、さらに言えば、ニュースで報じていた西宮神社の福男は知ってたけど、それがえべっさんってことも知らなかったぐらいでしたが、商売のまち大阪で親しまれてる商売の神様・えべっさんに初めてお参りできてちょっと感激です。

今年はえべっさんのご利益があるかな?

2007-01-09

新幹線から見えた夕日

今日の夜、大阪へやってきた。

途中、新幹線の車窓から見た夕日がきれいだったので思わず撮影しました。

新幹線の車窓

場所は多摩川手前(東京側)あたりです。


2007-01-08

松が明けた

5日が仕事始めだった翌日からの三連休も今日で終わり。

成人の日が15日じゃなくなってから毎年、正月明けの仕事始めに出勤してすぐに三連休になるようになったから、いつまでも正月ボケが抜けない。

気持ち的には問題ないんだが、カラダがすっかり萎えてる...

松が明けたんだからいつまでも正月気分じゃダメなんだが...

明日からどうやって休み前のモチベーションに近づけようか...

2007-01-07

新都心と立待月

荒川河川敷付近から見た、さいたま新都心の夜景。

十七日月が新都心上空に浮かんでいるのが印象深かったのでデジカメで撮影しました。

新都心と立待月
題して『新都心と立待月(十七日月)』

普通のデジカメじゃこの程度が限界だけど、雰囲気は伝わるかな?

今日は1日中風が強かったおかげで遠くの夜景がとても綺麗な夜でした。荒川に架かる上江橋や治水橋などの大きな橋の上からは東京タワーや新宿の高層ビル群が見えるほどだけど、さすがに普通のデジカメじゃ撮影できるレベルじゃないので、紹介できないのが残念です。

2007-01-06

N903iのモバイルカメラ画像

今やケータイ端末を買う際に、モバイルカメラの性能を無視することはありえないと思う。

私も普段はデジカメを使うけど、場所柄、デジカメが使いにくい場所(禁止って意味じゃなくて)とか、とっさの撮影などはケータイを使うことが多い。

もちろん最新のデジカメ同等の画質を期待するつもりはないけど、カタログスペックだけ見ると今どきの端末は2メガ、3メガと、ほんのちょっと前のデジカメの画素数と何ら変わりがない。

これじゃデジカメなんていらないよ、と。

多分、ほとんどの人はケータイで満足するんだろうけど
画質にこだわる人も満足できるぐらいなの?と。

って事で、N903iで撮影した写真をアップします。

N903iの写真

画像ファイルをダウンロード

N903iのモバイルカメラ性能は
・有効画素数 約320万画素
・記録画素数 約320万画素

撮影条件は
・画像サイズ:QXGA(2048×1536)
・品質設定:スーパーファイン(3段階で最も高画質)
・撮影モード:オート
・明るさ調整:±0
・オートフォーカス:ON

撮影場所は大宮駅ホームで、撮影時の天候は晴れ。ホームへ入線する湘南新宿ラインを撮影しました。被写体は高速で接近してくる電車ですから、撮影条件としてはかなり厳しいものと思います。

写真が傾いてるのは、背面に変更になったレンズ位置に慣れてなかったせいですのでご容赦ください。

2007-01-05

新しい端末に変えた!

新しいケータイに変えた。

FOMA N903i

FOMA N903i

これまで使っていたN902iに変えてから1年ちょっと。
特に不満はないんだけど、最近じゃすっかりバッテリーも萎えてしまい、10分も電話すればバッテリーアイコンは赤く目盛は1つ...

って事で外出中は常にリチウムイオンアダプタをぶら下げている有様...

って事で新しい端末を買い増した。

前回はクーポン使ってタダで手に入れたけど、さすがに今回はタダじゃない。けど、留守電や転送でんわを契約したり、何だかんだで販売価格から6,000円引きになって、たまったポイントも使ったから、なんと半額近くで入手できた。

って事で、相変わらずいじりまくってるんだけど、プリインストールの『桃鉄』と『ドラクエダンジョン』ばっかりやっている始末です...

2007-01-04

氷川神社へお参り

旧大宮市民の初詣といえば氷川さま。

子供の頃からあまりにも身近なので当たり前のように思ってたけど、武蔵一宮の大宮氷川神社は全国でも指折りの初詣客が多い神社。毎年ベスト10に入る程で、昨年は187万人もの参拝客で賑わったそうだ。

なので、ここ数年は三が日にお参るする事はなかったけど、今年は3日に氷川さまへお参りしてきた。

楼門
三が日の氷川さまの参拝ルートは一方通行になっていた。しかも楼門の手前で入場制限をしている。ちょっと驚き。

舞殿
大きな亥の絵馬が掲げられた舞殿

拝殿
拝殿でお賽銭を投げてお参り

楼門前で入場制限してるおかげで、比較的ゆったりお参りできるのはよい。
けど、後ろがつかえてるので、あまるゆっくりもできないけど...

帰りに、破魔矢とお札をもらってきた。

これで今年は、お伊勢さま、氷川さまと、鎮守の加茂神社のお札を祀ることになる。前日のだるまと合わせると、随分と賑やかだなw

2007-01-03

初詣とだるまの目

地元の鎮守・加茂神社へ初詣へ出かけた。

加茂神社

加茂神社への初詣は今年で3回目
年中いろんな社寺へお参りするんだけど、初詣だけは鎮守の神様にお参りすべきかなと。

そして今年もだるま市でだるまを購入。
毎年だるまの目は片目しか開かないんだけど、今年はだるまの両目が開く事があるのだろうか...
っていうか、両目を開けるときってどんな時なんだろ。


とにかく、今年1年が無事で過ごせますように...

加茂神社の上空写真 (Google Map)

2007-01-02

ひさびさ!通販で衝動買い

昨年末のこと。

GAORAでよしもと新喜劇を見ていたときに、流れたCMのインパクトがあまりにも衝撃的で、その日のうちにAmazonで買ってしまったのがコレ

バイブロシェイプ
バイブロシェイプ (VIBROSHAPE)

写真で見ても解かるこのゴツさ。

はじめに言っておくけどこのバイブロシェイプ、EMSのような電流を流して筋肉をピクピクさせるよなシロモノでは全くない。ごついベルトがなんと1分間に最大約2000回も高速振動する。その振動はハンパなくて、昔懐かしのベルトマッサージャーを彷彿させるほどで、脂肪燃焼に効く・効かないはともかく、この尋常ではない振動によるマッサージ効果だけは間違いなくアリ。

CMでも言ってたけど、使っているとトイレに行きたくなるw
便秘気味な方にはそっちの効果も期待かも。

「なんで電源アダプターを接続しなきゃいけないんだ?」
「なんで電池じゃないんだ?」

なんて思ったけど、この激しすぎる振動を経験すればナットク。こりゃ電池じゃ無理だわ。

って事でバイブロシェイプ稼動中は、アンビリカルケーブルにつながったエヴァンゲリオンの如く、コードが伸びる範囲(コード長2m)しか動けません。

ある意味、仮面ライダー“大人ベルト”よりも、大人がするべきベルトだと思う。動きも激しいしw

衝撃のCM映像はプライムショッピングのサイトで見られます。
 
 
 
ぜひほしいという方はこちらから

プライムショッピング(楽天)

Amazon.co.jp

この記事を書いている現在、Amazonが一番安いと思う。
しかも送料無料で即日配達だし。

ポイントをためる・使うなら楽天かな?

2007-01-01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。


個人的には、朝からなぜか胃がむかむかして、ちょっとイマイチな元旦ですが、まあ元旦ぐらいはゆっくり過ごしてボチボチとペースを上げていけばいいかなと。

ということで、今年もよろしくお願いします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »