« 別の見方 | トップページ | 散り始めの桜堤 »

2006-04-07

活気のある街

品川区では今年度から区立の全小中学校で小中一貫教育が始まった。構造改革特区制度を活用するもので、義務教育9年間のカリキュラムを「4・3・2」の3期間に分け
1.基礎基本の定着を図る4年間
2.個性や能力を育む3年間
3.自分で課題を見つける力をつける2年間
と位置づけるそうだ。


で、写真は小中一貫校として昨日開校した話題の日野学園

日野学園

場所はキャッツシアターの隣で、実は会社の近く。

昼食の時、いつも「何が出来るんだろう」って思ってたら学校だったのね。近くにあった体育館もこっちに移転してきて、前の体育館はフットサルコートになった。


元々工場ばかりだったらしいけど、オフィスビルが建ち並び、高層マンションが続々と建設されて、学校は小中一貫と、めまぐるしく街並みが変わる大崎界隈。
そこに地元住民、会社勤めの人、キャッツを見に来る団体さんなど、それまでの大崎とはまるっきり異なる様々な背景の人達が集まって街を形成している。

大崎って、もの凄く活気のある街だ。

« 別の見方 | トップページ | 散り始めの桜堤 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活気のある街:

« 別の見方 | トップページ | 散り始めの桜堤 »