« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006-02-28

キティ×ロディ コンプですっ!!

リプトンリモーネのおまけストラップ
「ハローキティ×ロディ ウィンタースポーツコレクション」
コンプリートしました!!

キティ×ロディ

上段左から
・アイスホッケー
・スピードスケート
・スノーボード
・フィギュアスケート
下段左から
・スキー ジャンプ
・カーリング
・ボブスレー
・雪ダルマ

多分にトリノ五輪を意識したラインナップは、キティがロディの着ぐるみを着ていて(ボブスレーだけ違うけど)思わず笑っちゃうものばかり。(個人的にはカーリングかツボ)

最初にもらったのは「雪ダルマ」
スピードスケートとフィギュアスケートが欲しかったので、集めるつもりはなかったけど2個目に「スピードスケート」をゲットしたものの、どこの店へ行ってもフィギュアスケートだけ見つからない(泣)
悔しいから、フィギュアスケートが見つかるまで他の種類を集めだしたら一気に7個集まってしまった。

「何でフィギュアスケートだけ無いんだよ。これも金メダル効果か?」

などと半ば諦めていたら、ようやく昨晩になって1つだけ見つけて、晴れてコンプリートですっ!!


2順目挑戦するかな。せっかく集めたから袋から出すのもったいないし。

ま、1発目にフィギュアスケートが見つかれば挑戦するかも。

2006-02-27

“関東らしさ”って何だろ。

先日、大阪のお客さんと話していた時に
「あれ?そういえば...」
って思った事があった。


それは、こんな質問。
「やっぱり関西は味が薄いですか?」


昔から関東は濃い味で、関西は薄味だって言われてきたけど、関西が薄味なのは変わらないかもしれないけど、少なくとも今どきの関東は『濃い味』じゃない。お昼を食べる飲食店だって、夜飲みに行く居酒屋だって、いつのまにか関東らしい味付けじゃなくなってる。だけど、それを口にして「味が薄い」って思うこともなくなった。

確かに昔ながらのおそば屋さんとか、とくに田舎の方に行けばいくほどまだまだ『濃い味』なのかもしれないけど、多くの飲食店は“関西風”とかうたってなくても薄味になってる気がする。

まあ、関東(特に東京)は、全国各地から多くの人が集まってるから、全国いろんな味付けが入ってきて、関東らしい“濃い味”だけじゃなくなってるからだろう。実際、都内とかだと全国各地の味覚が味わえるから、「コレは関西風だ」とか、「これは何処どこ料理だ」とかも、いちいち気にしなくなってしまってる。

それでも関西の人からみたら、関東はまだまだ味が濃いのかもしれないけど、少なくとも今どきの関東の人は、関西風の料理を「味が薄い...」とは思わないんじゃないか。


そんな違和感を感じたと同時に
「じゃあ関東らしさってなんだろう」
って事もちょっと考えてしまった。

例えば関西人は『関西弁』を話すし、他の地方出身者もその土地の方言を話すけど、関東出身の人は(北関東はちょっと違うけど)基本的には標準語だ。多少の語尾や発音の違いこそあれ(埼玉の言葉は標準語でも汚いよね)方言とまではいかない。

だからなのか、今は方言がちょっとしたブームとも聞くけど、これって関東だけのムーブかもしれない。

もしかしたら“関東らしさ”が希薄な関東出身者がローカリズムを渇望しているって事なのかな。

2006-02-26

自主規制

ANAによく乗る人にはお馴染みのANAユニフォームコレクションを買ってきた(笑)

8代目と9代目
左が先代の8代目ユニフォームで
右が昨年5月1日から登場した9代目ユニフォーム。

海洋堂の造形なのは、この手の商品をしてはお決まりか。
確かにこのコストでコレだけのクオリティは凄いな。
 
 
パッケージ
こんなパッケージに入って1箱400円と手頃な値段。ANA FESTAでおみやげを買う時など、レジ前に並んでいるからついつい買ってしまう罠w
ずいぶん前から売ってると思ったら、新CAユニフォーム登場を記念して発売したそうだ。
 
 
ところでコレは食玩なの?じゃあ中身は何?それとも単にフィギュアが入ってるだけ?と、思ってパッケージの裏を見てみたら、名称は「乾燥スープ(コンソメ)」と書いてあった。
コンソメスープです
 
箱を開けてみると、ホントにコンソメスープが1袋入っていた。
ホントにコンソメスープが入ってた

機内の飲み物サービスはいつもコンソメスープだから、これはこれでうれしいかも。
 
 
とは言え、この手のモノは1つ買うと全部揃えたくなるから(かといって全部揃えてしまうと一気に興味を失せるんだけど...)、ちょっと気をつけないと。

ANA FESTA店頭では30個までとか、通販のastyleでは300個までとか制限してるけど、逆に「300個買ってね」って“大人買い”を推奨してるでしょ。ANAは。

1回のフライトで2個までとか自主規制しようかな(笑)

2006-02-25

TAKE OFF

空港の展望台から飛行機が離陸する様子をムービーで紹介します。

まずは広島空港の展望台から。
広島空港

山間の広島空港を離陸する台北行きチャイナエアライン113便(B737-800)


つづいて羽田空港第2ターミナルの展望台。
羽田空港

東京湾に面した羽田空港C滑走路を離陸するANA機
※羽田はひっきりなしに離陸していくので、便名は何だかわかりません。

2006-02-24

空港の展望台にて その2

乗って帰る機材?が着陸した。

ナマで見ると、遅れて聞こえる轟音で迫力満点だな。
さ、そろそろいくか。

nec_0153.jpg

空港の展望台にて

搭乗する便までまだ時間があるから、空港の展望台にやってきました。

nec_0152.jpg

2006-02-23

広島城

毛利輝元が築城した広島城も被爆にあい焼失。

写真の天守閣は昭和33年に復元されたそうです。

nec_0149.jpg

爆心地

原爆ドームから程近い場所にあった爆心地。

1945年8月6日午前8時15分、B-29「エノラ・ゲイ」によって投下された原爆は、ここの上空580mで爆発。人類史上最も凄惨な被害となった...

nec_0148.jpg

平和記念公園と慰霊碑

結構、外人さんの観光客が多いんだなあ。

nec_0147.jpg

原爆ドーム

3月いっぱいまで「健全度調査」だそうで、足場で覆われてます。

nec_0145.jpg

広島

広島に着いた!

nec_0144.jpg

広島空港

広島空港に着陸。

これからバスで広島市内らへ向かいます。

nec_0143.jpg

羽田にて

これから広島へ行ってきます。

旅先でまた何かネタを見つけたら、モブログで即時更新します。

って、最近モブログで更新が多いな。

200602231125000.jpg

2006-02-22

蔵出し写真公開

先日公開した、自転車博物館サイクルセンターのレポートですが、レポートに使っていない写真が何枚かありましたので、ここで公開。

いや別にページを書き換えてもいいんだけど、とりあえずネタがない日のために小出ししますw

ハーレー・ダビッドソンの自転車
ハーレー・ダビッドソンの自転車

詳しい説明は下の写真をクリックしてください。
ハーレー・ダビッドソンの自転車


2006-02-21

答え合わせ

先週受験した販売士検定の回答が、昨日付けの日経MJに掲載されていたので、さっそく答え合わせしてみた。

3級の合格条件は、筆記試験(って全部筆記だけど)の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上。

全体で70%以上得点を取っていても、ある1科目がダメダメだったらOUTなので、一つ一つの科目を採点するたびに緊張感が走ったけど...


おお、合格ラインは問題なく超えたぞ。
これでとりあえず一安心だ。

実際の合格発表は来月だけど、今度は今秋実施の2級検定試験を目指して勉強しなきゃ。

2006-02-20

久々に本編更新

先日見学してきた、大阪府堺市にある自転車博物館サイクルセンターの見学レポートをアップしました。

レポートはこちら

って事で今日のブログは更新告知だけだと申し訳ないので特別にプレゼントw

下の写真はご存知ランス・アームストロングが99年のツール・ド・フランスで使用した機材「トレック5200」です。
ランスのバイク
クリックすると大きな写真が別画面で開きます。
壁紙にも最適ですw

良かったら使ってください。


さいくりんぐやっほ〜番外編
自転車博物館サイクルセンターへ行ってきました

2006-02-19

全国行脚のスタンプラリー

大阪出張のついでに、ギャレ大阪にあるモンベルクラブへ立ち寄った。

モンベルクラブ

荷物の多い出張帰りに何でわざわざw
大阪が本社のモンベルとはいえ、モンベルクラブは東京にだってあるのに。
確かにここの店は大阪駅・梅田駅からすぐ近くだから、乗り換えついでにちょっと立ち寄りっていうにはいいけど...


なんて白々しい前振りはいいや。
立ち寄った理由の一番がコレだ。

スタンプラリー
モンベルクラブ・スタンプラリー

全国のモンベルクラブを7エリア(北海道、東北、関東、中部・北陸、関西、中国・四国、九州)に分け、1エリアにつき1店舗押印。最初の押印から3年間で、3エリア達成、5エリア達成、7エリア達成でそれぞれスペシャルプレゼントがもらえるって事だ。


さすがアウトドア用品メーカーの直営店だ。要は「全国を旅してくれ」って事なんだろう。

「その話、乗った!!」

って事で、2エリア目のスタンプゲットだ。

スタンプゲット


さ、次はどのエリアだ。

2006-02-18

仁徳天皇百舌鳥耳原中陵

仁徳天皇陵です。

あまりにも大きすぎて、何だかよく解りません。

200602181119000.jpg

ランスのバイクとマイヨジョーヌ

説明不要

200602181046000.jpg

サイクルセンターへやってきた!

堺市といえば「自転車の街」
って事で、自転車博物館サイクルセンターへやってきました。

入場料は大人300円です。

200602181006000.jpg

謎の西洋人

堺駅前の橋の上で佇む西洋人...
って、銅像かよっ!


ということは、この銅像はザビエルなの?

200602180928000.jpg

2006-02-17

PiTaPaのポスター

大阪市営地下鉄に2月1日から導入されたICカードシステム「PiTaPa」。

あちこちにポスターがはってあります。

って、何でタヌキ?なんだろ。

200602171058000.jpg

新大阪

今日は出張で大阪へやってきました。

200602171051000.jpg

2006-02-16

思考回路停止中

一昨日、昨日と、2月とは思えないような陽気だったのに、今日は1日中冷たい雨。

いや、まだ雨が降っただけマシなんだろう。
明日からはまた真冬の天気に逆戻りだそうだ。

なんて事はどうでもいい。
そもそもまだ2月。寒いのは当たり前。


仕事に忙殺され、現在思考回路停止中w

1日中、Excelで関数書いたりピボットテーブル作ったりAccessでクエリ作ったりなどしてりゃあしょうがない。流行の「脳を鍛える云々...」などやらなくても充分に負荷かかってると思うんだけど...


じゃあ「脳を鍛える云々...」が流行ってるって事は...


うう、考えるのはやめよう。

そんな事よりさっさと明日からの出張準備をしなきゃ。

2006-02-15

シーノへやってきた。

販売士検定も無事終了。

あとは1ヵ月後の発表を待つだけだが、まあ、一夜漬けにしては何とかなったかな。

もっとも、今までの積み重ねがあるからね。業務上、説けないと恥ずかしい質問も出題されてたし。

って事で果報は寝て待つ事にして、昼食を食べに「シーノ大宮」へやってきました。

いつの間にか、こんなもんが建ってたんだねえ。

知らなかったよ。

nec_0128.jpg

2006-02-14

一夜漬け

明日は販売士検定試験だ。

販売士というのは流通業界唯一の公的資格で「プロの販売員」の証。1級から3級まであって、明日受験するのは小売業の販売員クラスが対象の3級だ。

本当は中堅幹部が対象の2級から受験しようと思ったけど、1級と2級の検定試験は1年に1回。2月に1級と3級、7月にも3級、そして10月に2級と、2級の検定試験はまだ半年以上も先だ。とはいえいきなり1級を受験する自信もないので、まずは腕試しのつもりで3級を受験する事にした。

って事で、今晩は一夜漬け。

苦手な課目を復習して、過去問題を解いてと、久しぶりに脳みそをフル回転。

という事で、これから勉強に戻りますので、今日はこの辺で。

2006-02-13

結論・宮原からの眺望

以前に書いた宮原駅西口の階段から見えた山の件ですが、やっぱり男体山でした。

06男体山だ!!
(クリックすると大きい写真になります)

先週の月曜日に確認していたんだけど、デジカメ忘れて証拠を押さえられず、翌日からデジカメを持って通勤するも、その日以降、さいたま市からは日光連山を見ることが出来なかった。
せっかく合同庁舎ソニックシティの最上階登ったのに、日光連山や上州の山並みどころか富士山や秩父連山すら拝む事が出来ず、更に花粉まで舞い始めたらしいから
「今シーズンはもう無理かも」と、半ば諦めていた。

ところが!!

今朝になってこの眺望。

昨晩、満月がキレイに見えていたからちょっと期待していたけど、期待通りの眺望だ。


ちなみに見間違えた赤城山だけど、宮原駅西口からは見ることが出来ませんが、新大宮バイパスが高崎線と交差する箇所に架かるバイパス脇の歩道橋上からよく見えます。

こっちが赤城山
(クリックすると大きい写真になります)

この場所から日光連山も見えないことはないけど、建物の屋根の高さと山の高さがほぼ同じになってしまいます。宮原駅からは見える男体山も、ここからだとビルに重なって見えるけど宮原駅から見えるんだよなあ。
絵的にはほとんど同じアングルになるんだけど、かたや男体山で、かたや赤城山。
要は線路が宮原駅から出てすぐに左カーブしてるからなんだけどね。


ついでと言っちゃ何だけど、歩道橋上からは富士山がよく見えます。

060213_02
(クリックすると大きい写真になります)

秩父連山も見えるけど、これまた建物に邪魔されるかなあ。

それと、宮原駅西口からは富士山を見る事が出来ませんでした。


この"証拠写真"を狙った1週間、肩透かしを食らい続けたものの、結果として「早起き&早出」の毎日。近頃は電車の時間ギリギリの生活リズムが続いていたから、いい生活リズムに修正できて良かったかも。
明日から気を抜かないようにしないと...

2006-02-12

上尾道路

工事中の上尾道路です。

上尾道路


新大宮バイパスの宮前ICから、国道17号の西側を併走し、鴻巣市箕田で熊谷バイパスに接続するで延長20.1kmのバイパスが上尾道路。宮前ICから圏央道(国道468号・これまた工事中)と接続す桶川市川田谷までは平成19年度の開通らしいから長らく待った期間を考えると、ホントにあともうすぐだ。

だけど、これだけ広い道を新しく造るんだったら、自転車専用道も造ればいいのにな。

2006-02-11

地上120m テプコソニックの大パノラマ

テプコソニック合同庁舎に続いてやってきたのは、ソニックシティ30・31階にある東京電力のPR館・TEPCO SONIC
入場無料です。
 
 
 
まずは最上階・31階からの眺望だ。
 
 
新都心方面南側にみえる眺望はさっきまでいた新都心方面。新都心は「眺望を見る場所」っていうよりも、やっぱりこうやって「見る対象」だ。 
(クリックすると大きくなります)

ほこすぎ橋設置されてる望遠鏡(これまた無料)でほこすぎ橋を覗いてみた。


大宮駅こちらは東に見える大宮駅方面。
(クリックすると大きくなります)

060211_05地上120mから足元も覗いてみる。天井人になった気分かw
この写真を見てるだけで足がすくむ人もいるかも。
(クリックすると大きくなります)


ここから見てるんだどこから見てるかを、ソニックの外観で説明。
上の足元写真は、31階にある下向きの窓から撮影しました。
 
 
 
続いて30階。
 
 
一般の見学者が北方面・西方面(=山並みが見える方角)を見るには30階じゃないとダメ。とはいってもフロア1つ違うだけなので大パノラマには変わらない。
 
 
北区方面ソニックの北側、北区方面の眺望。こんなに天気がいいのに山が見えないのが残念だ。
(クリックすると大きくなります)


ステラタウン望遠鏡でステラタウンを覗いてみた。結構遠くまでよく見えるな。上尾駅付近ぐらいまでなら覗いてみても場所がよくわかる。
 
 
 
本当なら遠くに日光連山や赤城山、榛名山といった河川敷からでもお馴染みの山並みに加えて、尾瀬の山々(燧ケ岳・至仏岳)や武尊山、谷川岳などの大パノラマが広がるはずだった...


西方面もおなじみの秩父連山に、大菩薩嶺などの奥多摩の山々、丹沢山地、そして富士山が望めるけど...


よし、今度は遠くの景色がよく見える日を狙ってまた来よう。


ちなみに平日はガラガラって聞いてたけど、小さな子供連れの奥さん方に、学校帰りの女子高生グループ、オール電化の説明をうけながら観光してるご年配グループに、仕事をサボってるサラリーマンwなど、思いのほか賑やかでした。


合同庁舎とソニックシティの2ヶ所から展望を楽しんだが、景色以外にも楽しみがあって景色も周りにさえぎる建物がないテプコソニックの方が楽しいと思う。さいたまタワーがどうなるかでまた変わると思うけど、さいたまのベスト展望スポットの座は当分揺るぎなさそうだ。

2006-02-10

さいたま新都心合同庁舎の大展望

合同庁舎31階の喫茶室ここは、さいたま新都心合同庁舎1号館31階にある喫茶室「VIEW TERRACE」。
会社が休みだったこの日、31階からの大パノラマを満喫しながら昼食にしようとやってきた。


ホントは遠くの山々が見たかったんだけどね。
あいにく霞がかかって遠くの山々は望めないけど、新都心からの大パノラマを満喫だ!!


31階からの眺望おお、凄い事は凄いけど、喫茶室からは見える方角はちょうど見沼田んぼ方面なのでちょっとのどか。

でも手前にコクーン、その先には間もなく延伸開通する首都高やレッズのクラブハウスがある大原サッカー場、更に奥には埼スタと、31階からならではの眺望にしばらく時を忘れて見入ってしまった。料理の出来待ちも退屈しないよ。
(クリックすると大きな写真になります)


ピラフセットピラフセット
670円(税込)
31階からの眺望を眼下にしながらの昼食はまた格別です。
 
 
 
 
 
L.Aタワーがじゃまだこちらはエレベータホールからの眺望。目の前にはL.Aタワー。じゃまだけど、凄い迫力。何だかマンハッタン気分w

新都心駅方面新都心駅方面の眺望。氷川参道が中山道から斜めに延びているのがよくわかる。

新都心側こっちは、新都心側。近代的な建物が並ぶ眺望は喫茶室からの眺望より迫力があるけど、いかんせんL.Aタワーが邪魔だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、何だかんだで31階からの眺望を"タダ"で(喫茶室に入んなきゃそれこそタダ)満喫できる新都心の穴場スポットだけど、意外と知られていないのか人があんまりいなかった。

はっきり言ってオススメです。

でもどうせ行くなら、ソニックシティ30・31階のテプコソニックの方がいいかも。周りに高い建物がないから、それこそ大パノラマが広がっているしね。

って事で、この後テプコソニックにも立ち寄りました。
って事でレポートは明日公開!!

2006-02-09

鍵閉めちゃったよ...

今まで出張へは肩にかけるバッグで出かけていた。

パソコン・資料などに加えて、着替えなどを入れても肩に担げない程じゃないし、手に持ってすぐに動ける手軽さを考えると、まず器ありきで、それに入るだけの物をコンパクトにパッキングするっていう感じだった。

でも、もういい加減、容量が間に合わなくなってきてるんだよね。

元々山登りで培ったパッキングには自信があるから、「念のため」って言ってるうちに必要以上の荷物を持ってクコとになっちゃうんだけど、パッキングできちゃう。出来るのはいいんだけど重さは変わらないからね。メッチャ肩に食い込む羽目になる...


って事で、いい加減にキャスターつきバッグを買わなくちゃ。昨年買ったのは大きいから、ビジネスユースと言うよりはレジャーユース。肩に担ぐには重いけど、いざという時には肩に担いでの階段の登り降りを苦痛に感じない大きさがいい。

なんて思っていると、タイミングよくエディ・バウアーから「バッグの新製品が出た」「今なら10%OFF」などの文字に踊らされ、結局買ってしまったw

エディ・アウアー ローリングオーガナイザー

さっそく3桁のダイヤルロックの番号設定をしなきゃと思い、説明書もろくに見ずにロックを弄ったら、何番で開くのかわからなくなった...

しょうがない...

1個1個の番号をセット。最大1,000パターンの組み合わせから何とか1つの番号を見つけて事なきを得たけど、まじめに冷や汗モンだった。せっかく買ったのに鍵が開かないんじゃ宝の持ち腐れだもんね。

さ、何とか鍵も開いたし、来週あたり買ったバッグを持って出かけてくるかな。

2006-02-08

イオン与野SC屋上のパノラマ

イオン与野SCの最上階の屋上駐車場からのパノラマ写真です。

イオン与野SC屋上のパノラマ
(上の写真をクリックすると別ウィンドウで開きます)

少しでも高いところからなら、河川敷からでは見る事の出来ない遠くの高い山々(南アルプスとか八ヶ岳とか)が見えないものか、と期待してやってきたけど...

う〜ん、わからん。

もし、埼玉の平野部からこれらが見られたら感激モンなんだけどなあ。
条件さえ合えば見えるらしいんだけど、どうだろ。


2006-02-07

荒川パノラマ公園のパノラマ

ここのところパノラマ写真の公開が続いてるので、新たにパノラマ写真というカテゴリを作りました。


で、カテゴリ新設記念の第1弾は、荒川河川敷、大芦橋の左岸上流にある荒川パノラマ公園のパノラマです。


名前の通り、大パノラマが広がっていました。

荒川パノラマ公園のパノラマ
(上の写真をクリックすると別ウィンドウで開きます)


写真左から、妙義山(だと思う)・浅間山・榛名山・赤城山・日光連山(残念ながら雲がかかってるけど)


写真左の色が濃くなっているのは逆光のため。同じ理由で秩父方面や富士山は割愛しました。
パノラマ写真撮るなら午前中がいいかも。

2006-02-06

忍城と二子山古墳

昨日に続いて行田市ネタ。

行田市は埼玉県の中でも歴史の古い町。
世界遺産登録を目指すさきたま古墳群があるくらいだから、相当古い事は間違いない。

って事で、行田市にある歴史的建造物を紹介。

忍城
忍城(おしじょう)の御三階櫓(ごさんかいやぐら)

実質的な天守閣として機能していた櫓で、明治6年に解体されましたが昭和63年に再建されたそうです。
ちなみに十万石まんじゅうの由来は、この忍藩の石高が十万石だったからです。


二子山古墳
二子山古墳

さきたま古墳群最大の前方後円墳で全長138m。
6世紀前半の築造だそうです。


歴史探訪とB級グルメ
都内から1時間ほどだから、プチ旅行には結構おすすめかも。

2006-02-05

ゼリーフライ

埼玉県行田市

ここが埼玉県の県名でもある「埼玉(さきたま)」という名称発祥の地だということは、一般的にはあまり知られていないと思う。“埼玉”の由来は諸説あるようだけど、万葉集では既に“さきたま”と読める単語が出てくるそうだから、かなり歴史のある名称って事が言える。
“さいたま市”がなぜ漢字名ではなくひらがな名なのかと言うと「行田が“埼玉”発祥の地だから、漢字名で“埼玉市”を名乗るんなら行田だろう」って事でひらがな名にしたって聞いた事がある。

埼玉県の県章がまが玉だというのも、この地にあるさきたま古墳群の出土品に由来されているんだと思う。

そんな行田市に、ここに来ないと味わえない
ご当地B級グルメが存在する。


行田名物「フライ」と「ゼリーフライ」


“フライ”は何となくわかるけど、“ゼリーフライ”って何だ?

って思いそうだけど、“フライ”も普通想像するパン粉の衣をつけて揚げたものではなく、どちらかと言うと「お好み焼き」みたいなもので、“ゼリーフライ”とは、そのフライとはまた全く違う食べ物で、おからを揚げた「衣のないコロッケ」みたいなもの。当たり前だけどゼリーを揚げたものじゃない。


何となく今年あたりブレークするんじゃないか?
全国ネットの番組でも紹介されだしたみたいだし。
もんじゃの次に来るのはコレだろ!!

と勝手に思い込み、そうとなったら食べにいかねばと、クルマで行田までやってきた。


適当にクルマを走らせていると、さきたま風土記の丘の駐車場わきにあるお店「さかもと」さんの看板とのぼりにに“ゼリーフライ”の文字発見!!さっそく立ち寄った。
さかもと
埼玉県民の心の銘菓とも言うべき「十万石まんじゅう」(だって「プオ〜オ〜 風が語りかけます...うまいっ、美味すぎるっっ!!」のCMは埼玉県民なら誰でも知ってるよね)の文字が目立つものの、確かに行田名物・ゼリーフライの文字が見える!!

行田名物・ゼリーフライの文字が!!

出来上がるまでちょっと時間がかかるとの事で、しばらく店内で販売している埴輪やまが玉のアクセサリーを物色していると

「ゼリーフライお待ちの方〜」

さあ、念願のゼリーフライとのご対面だ!!


ジャーン!!
これが行田名物・ゼリーフライだ!!
ゼリーフライ
新聞紙で包んであるのが雰囲気モンだけど
(とはいえ新聞紙でじかに包んでるんじゃないよ)
「ブログ」の見出しが今どきかw


で、食べた感想は、やっぱりソースをつけた衣のないコロッケ。


じゃあ何で“ゼリー”?って事や、ゼリーフライのルーツを知りたい方は下の写真をクリックしてね。
ゼリーフライとは?

ぜひ「食べてみたい!!」って方は、行田市のホームページに市内で「フライ」「ゼリーフライ」をそれぞれ食べさせてくれるお店が掲載されているので、参考にしてください。
フライマップ

さかもとさんでは、土日祝祭日だけゼリーフライが食べられるようです。


って事で、今度は“フライ”を食べなきゃ。

2006-02-04

東大宮車両基地

あまりの寒さにロードレーサーで出撃するのをやめて、受験を控えた資格(シスアド、販売士など)の勉強をしていた今日一日だけど、買物ついでにMTBで北区本郷町にあるJR東日本の東大宮車両基地までやってきました。

東大宮車両基地

私がまだ小さい頃、当時はまだ東北新幹線が開通する前だったので、「ひばり」「とき」などの当時の在来線特急を見る事が出来たので、よくこうやって自転車でやってきたっけ。

でも、わざわざこんな風が強くて寒い日に
自転車で来なくてもな...

遠くの山がよく見えるかと思って来てみたけど
そうでもなかったし...

2006-02-03

初めての“関鯖・関鯵”

昨日、一昨日と、散々モブログでアップしまくったので、今日は程々に。


大分で「関鯖・関鯵」を初めて食べた。

関鯖・関鯵といえば、有名なブランド魚。当然名前は知っていたけど、大分の名物とは知らなかった。何とか関というところ水揚げされた鯖・鯵だけが、関鯖・関鯵と名乗れる事は知っていたけど、そこが大分の佐賀関ということは、大分へいってはじめて知った。

・・・

そんな事は誰でも知ってるって?

...

これって、かなり情けない部類に入るのか...

・・・!

これで知ったかぶりしなくて済むと、前向きに考えよう。

美味しかったからいいんだよw

2006-02-02

到着!

羽田へ到着。

nec_0113.jpg

帰りの飛行機

さ、これで大分とはしばらくお別れ。

また今度ね!

nec_0111.jpg

祭りのあと?

いや〜、乗り物に乗ってこんなにワクワクしたの久々だ。

また大分へ来るのが楽しみかもw

nec_0110.jpg

到着だ!

大分空港ヘ到着!

nec_0109.jpg

海上の夕日

水面に映る西日がきれい。

nec_0108.jpg

航行中

別府湾の海上を大分空港ヘ向かって走ってます。

何だかんだでやっぱり揺れるな。

nec_0104.jpg

いよいよ乗船だ!!

昨日とは打って変わって、穏やかな海。
日も落ちてないから、ホーバー日和か?

nec_0103.jpg

ホーバーのアップ

地上から浮いてるよ。

nec_0102.jpg

帰りもホーバーで帰るぞ!

海へ向かうホーバーの雄姿を見よ!

nec_0101.jpg

府内城跡 その2

府内城跡の門です。

nec_0095.jpg

府内城跡

府内城跡のお堀です。

nec_0100.jpg

C55

大分市内の公園で見つけた、C55 53蒸気機関車。
昭和46年4月まで日豊本線で活躍してたそうです。

nec_0094.jpg

2006-02-01

ホーバークラフト海を行く!

スゲーなホーバーは!

こんなに海が荒れてるのに、船みたいな揺れ方しないよ。

港から出航するときなんか、気が付いたら走ってた程に全く揺れないし、もし天気が良かったら、陸も海も全く変わらず走るんだろうな。

nec_0092.jpg

ホーバーだ!

これからホーバークラフトに乗り込むぞ!

陸から出航するなんてちょっと感動だ。

気分は黒い三連星、ジェットストリームアタック!!

nec_0089.jpg

大分に着いた!

大分空港に無事到着!

nec_0088.jpg

雨の羽田空港

今から、大分へ行ってきます。

って事で、羽田第二ターミナルからi-shotです。

nec_0087.jpg

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »