« 小春日和のシンデレラ | トップページ | 師走の嵐の中のポタ記録 »

2005-12-18

キダチアロエが花をつけた

何年か前に会社の上司から株分けしてもらったキダチアロエ。

民間薬として昔から「医者いらず」の愛称で知られるアロエだから、何かに使えるだろうと葉っぱが3枚程度のモノを2株もらい、鉢に植えて適当に育てているうちに(アロエは過保護にしちゃダメらしい)どんどん葉が増えていくので、大きめの鉢に植え替えたり株分けしたりするうちに、収拾つかない程大きくなってしまった。

そして今冬、遂に花をつけた...

キダチアロエの花

最初、つくしのようなものが出てきた時は、何だかわかんなかったけど、それが段々と大きく赤く色づき、写真の方な感じに。キダチアロエに花をつけるには株を大きく育てる必要があるとか。ってことは仇となったかと思った(収拾つかないから)大きい鉢への株分けの甲斐があったって事か。この先、筒状の花の先が開いて紡錘状になるそうなので、またその時にアップします。

って事でアロエも量産体勢に入った感がある(っていうか収拾つかないから何とかしなきゃいけない)ので、そろそろいい使い方を見つけようかと。最初食用になるかと思ったけど、あまりにも苦すぎたしw

« 小春日和のシンデレラ | トップページ | 師走の嵐の中のポタ記録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/7675640

この記事へのトラックバック一覧です: キダチアロエが花をつけた:

« 小春日和のシンデレラ | トップページ | 師走の嵐の中のポタ記録 »