« キダチアロエが花をつけた | トップページ | ヘイワールド行ってみた »

2005-12-19

師走の嵐の中のポタ記録

大体こんな日に普通走るかよ!!

IWAWA氏が「日曜日走んないの?」とか聞いてきたから走る羽目になったけど、この日は全国的に大荒れだろ!!
典型的な冬型の気圧配置だから天気こそいいけれど、天気図見たって縦に並んだ等圧線の間隔がめっちゃ狭いから北風がめちゃめちゃ強いなんて一目瞭然じゃん。

まあでも、あえて「うわ〜、めっちゃ風つえ〜」とか言いながら走るシチュエーションは個人的には嫌いじゃないので(決してマゾっ気じゃなく、めったに味わえないからって事と、ネタになるって事で)、ウインドブレークジャージ&タイツの他、諸々の防風・防寒対策でいざ出陣した。

ちなみに、アメダスによる18日のさいたまの毎正時の観測データは次のとおりでした。
 時刻  気温  風向 風速
 10:00 3.2℃ 北西 10m/s
 11:00 3.7℃ 北西  6m/s
 12:00 3.5℃ 北西  7m/s
 13:00 4.2℃ 北西  7m/s
 14:00 4.1℃ 北西  7m/s
 15:00 4.0℃ 北西  5m/s

集合は上江橋のたもと。そこから上流(=風上)へ行ける所まで行って、平地ダウンヒルで一気に帰ってくる寸法だけど、IWAWA氏はここまで既に風上に向かって走ってきたので既にボロボロだ。

ここから上流へ向かうコースは、上江橋の途中から荒川と入間川の間を走るコースと、荒川左岸を進んで開平橋の下に出るコースがある。いつもは見通しの良いストレートな荒川と入間川の間のコースを走るんだけど、反面、CRの中でも一番風の影響を受けると思われる箇所。なので無難に左岸をすすむ。

が、風で煽られ自転車ごと持っていかれそう...
向かい風はまだマシ。横からの風はマジ怖い...
って事で一般道を北へ向かい、開平橋手前で土手に戻った。

左岸・開平橋下流にて

風はもの凄く強いけど、おかげて遠くの景色がキレイ。

だけどこんな事してると寒いので、さっさと先に進んで開平橋の下ある川岸屋でお昼にした。

あまりに風が強いので川岸屋で昼食

ここも雑誌に紹介されるほど荒川サイクリストには有名なお店だけど、自宅から近すぎて(っていうかスタートがここからだし)。けど今日は「やっとここまで来た」感じだから、心置きなく手打ちうどんとモツ煮を堪能。うどんはたぬきを頼んだけど、揚げ玉にゆずの風味が食欲をそそる。やべえ、これからは「スタート前の腹ごしらえ」が多くなりそうな予感w。「ゴールの1杯」ならいいかも。

うどん&モツ煮でカラダも暖まり、「じゃあもうちょっと上流まで走るか」と。上流にある樋詰橋で右岸に渡り折り返してこようと。

すると榎本牧場へ立ち寄りジェラートアイスを食べてしまうw

こんな寒い日に榎本牧場のジェラートアイスとは...

こんな日にジェラートアイスをしかも屋外で食べる事もないのに。せっかく暖まったカラダがすっかり冷えたよ...
でも美味しいんだけどねw


帰りは追い風を背中に受けての“ダウンヒル”
36〜7km/hぐらいで風の抵抗を全く感じなくなったから、計算上でも風速10m/s。やっぱり凄い風だ。でも風が凄すぎて土手上のコースではたまに風の向きが変わり、一瞬、横からの風で煽られる事も何度か。そうそう飛ばせない。けどやっぱり平地ダウンヒルが面白くて治水橋の先まで走ってしまった。

結果、帰りはまた風上に進む羽目に...
まあいいんだけど。悲惨だったけど、その悲惨具合が面白かったからw

今回の走行記録

走行時間:2時間02分59秒
平均時速:18.9km/h
最高速度:50.4km/h
走行距離:38.93km

平均時速ボロボロだなw
ロードで20km/h切るなんて、やりたくってもなかなか出来ないよw
なのに最高速は50kmオーバーだしw

ちなみにこの日、すれ違ったサイクリストは10人いなかったな。やっぱりこんな日に走るヤツなんていないよ。逆にいえばこんな日に走ったヤツは、この冬どんな天気でも大丈夫か?(さすがに雪降ったら走んないだろうけど...)

« キダチアロエが花をつけた | トップページ | ヘイワールド行ってみた »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/7683764

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の嵐の中のポタ記録:

« キダチアロエが花をつけた | トップページ | ヘイワールド行ってみた »