« クイズ番組考 | トップページ | 大崎の今 »

2005-10-20

朝から満員電車で何やってんだよ!!

「何だ今のオトコは」
「やべ〜よアイツ」
「でもよ〜」
「わかんね〜なぁ」

大勢の乗客と一緒に池袋駅で“彼”が下車した直後、私のすぐ後ろに立っていた若者2人の会話に、私も思わず頷いていた。

(やっぱりそうだろ。でもなぁ...)

朝の湘南新宿ラインでの事。

大宮駅で思いもかけず、ドア横のポジションをキープした私は、たすき掛けしていたバッグを網棚に載せていた。程なくして大勢の乗客が乗り込んできたから、ほぼそのままの体勢でフリーズ。これから赤羽まで約14分間は、この体勢でじっと我慢する筈だったが...

ドアが閉まる間近に小柄な女性と大柄で肥満体型のサラリーマンが乗車。ドア横でフリーズ状態の私の背中越しに、小柄な女性が外に顔を向けて立ち、その女性側を向いて大柄のサラリーマンが立つといったロケーションとなった。

大宮を出でしばらくすると、女性が何度も体位を変えようとし始めた。その直後、私の脇にある手すりに無骨な左手が伸びてきた。大柄なサラリーマンが何かやってる気がしたけど、背中越しでは状況が良くわからない。女性がドアとサラリーマンの左腕で囲まれた事実と、遊んでいる右腕で何かやってるような気配...

するとその女性が「やめてっ」と小声でつぶやくと同時に、男性に背中を向けて手すりにしがみついてきた。その弾みで私は潰されかけたが、尋常じゃない雰囲気にドア横のポジションを女性に譲って一歩下がった。


赤羽に到着。

反対側のドアが開き、多少の客が降りるものの、今日はそれ以上に乗ってくる客が多い。普通なら赤羽で大幅なポジションチェンジとなるんだけど、反対側のドア付近は微動だにしない。

よって、先程のロケーションは変わらず。女性は相変わらず手すりにつかまり、サラリーマンは相変わらず女性側に顔を向けている。その2人のすぐ脇に私が立ち、冒頭の若者2人は私の後ろに立っていた。


赤羽を発車。次の池袋までは約10分。

(何やってんだこいつは)
と、サラリーマンを見ると、肥満体型だからか他の理由かはわからないけど、尋常じゃない発汗に、挙動不審な目線だが、その後は何事もないまま池袋に着いた。


今度はこちら側のドアが開く。
ドア前に立つサラリーマンは無条件で下車。ドア横の女性も池袋で下車したので、再び元のドア横に戻った私。窓から外を見たが、人ごみに消えていった女性はその後どうなったかわからない。一方、サラリーマンは再び乗客の列の一番後ろに並ぶそぶりを見せたものの、どこかのドアから乗車したのか、こちらのドアからは乗車してこなかった...


そして、冒頭の若者2人の会話。

普通に考えれば、サラリーマンが痴漢していたって事になるんだけど、最初は背中越しで直接見ていた訳じゃないからわからない。ポジションを譲ってからは挙動不審な表情は見て取れたけど、何かをやっていた訳じゃない。

じゃあ、何が疑問なんだっていうと、大宮から小柄な女性と大柄なサラリーマンが乗車してきた時は、アベックか何かって思ったから。最初は満員電車でもお構いなしにじゃれてるだけだと。先の若者2人も「2人とも大宮から乗ってきて池袋で降りたもんな」と言ってたから、やっぱりそう見えたんだろう。

男性からすれば痴漢なんて経験した事ないから、アベックがじゃれてるのか、痴漢なのかは、あからさまじゃない限り判断できないもの。もしかしたら変態趣味のカップルかもしれないし、ありがちな何かの企画かもしれない。もしかしたら私服警官のおとり捜査(って認められてるの?)かもしれない。


もし満員電車で痴漢に悩まされてる女性がこれを読んでたら、意外と周りは気づいているものだと思う。ただそれが本当に痴漢なのかどうなのかが判断できないだけだと思う。痴漢への対応としては我慢したっていうのが一番多いようだけど、思いっきり大きな声で「痴漢です!!」って叫べば、周りの人間も何とかしてくれるんじゃないかな。


ご参考
電車内における痴漢犯罪の実態 (警視庁)
電車の痴漢犯罪対策室

« クイズ番組考 | トップページ | 大崎の今 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/6480404

この記事へのトラックバック一覧です: 朝から満員電車で何やってんだよ!!:

« クイズ番組考 | トップページ | 大崎の今 »