« 葛西臨海公園までやってきた! | トップページ | 荒川ロックゲート »

2005-10-24

初めての荒川下流

3週間ぶりに晴れた週末。
待ちに待った秋晴れ、絶好のサイクリング日和。
遂に、荒川の河口、葛西臨海公園まで走ってきました!!

先月、熊谷の荒川大橋まで走ってるから
これでいわゆる「荒川CR」は制覇した事に。

この辺の記事は本編でアップ予定ですが
サーバ容量が一杯になってるので
記事の公開はもうちょっと先になる予定。


なので、道中の主だった顛末は後ほど語るとして
いつも走ってる上流と違って下流は
道が広いけど人出も多いので(自転車もそれ以外も)
「意外と飛ばせないな」って思った事について
ちょっと書きます。


自転車の種類も多種多彩。
ロードは当然として、MTBは上流でも多いけど
クロスやフラットバーロードにスポルティフとかのツーリングバイクは
下流の方が多いかも。当然ママチャリも多い。
リカンベントは上流でも珍しくないけど
さすがに2人乗りバイクには驚いた。
あれはさすがに道幅の狭い上流じゃ乗れないな。

乗ってる人も様々で
老若男女、本当にいろんな人がいろんな自転車に乗って楽しんでる。
外人さん(欧米系も中国系も含め)も多い。


だけど、河川敷は自転車だけでなく、野球・サッカー・ラクロスなどの球技や
マラソン(どっかの学校の大会やってたな)にインラインスケートなどの
スポーツを楽しんでいる人もいるし
楽器を弾いたり、絵を書いたりって人もいれば
小さい子供を遊ばせている家族も多い。

それだけ多くの人がいろんな楽しみをしている河川敷だけど
残念ながらちょっと秩序が乱れている気がした。


例えば自転車に乗ってる小さい子〜中学生。
危ないって思って避けようとするんだと思うけど
人間、危ない方向を見ていると
かえってそっちに進んでしまう習性なのか
こっちに真っ直ぐ突っ込んでくる。
って事で、安全第一でブレーキを握る訳だが
その直後に右側をパスして行く自転車の多いこと。
前見て走ってんのか、疲れて余裕がないのかしらないけど
もうちょっと小さい子にやさしくしたらどうなんだって思うよ。

例えば野球チーム。
道路上で堂々と素振りしたりキャッチボールしたり。
お年寄りが乗った自転車が来ても
小さい子が散歩していてもお構いなし。
そんな中「邪魔だ!どけ!!」って感じで
人を縫っていく自転車が多いのも驚きだけど
さも当然と、素振りを続け、キャッチボールを続ける野球チームにも驚き。
1回、エラーした球がこっちに飛んできて、マジに当たるかと思ったもん。
そういえば、私の前を走ってた人は、サッカーボールを当てられてたっけ。

どこかの学校がやってたマラソン大会(駅伝かも)。
前方に息を切らして走ってる女子学生を見つけた。
両側には応援の列が出来てるから道幅は決して広くない。
なので、道が開けるまでしばらく10m以上はなれて徐行していると
私の脇から猛スピードで追い抜いていく自転車。
女子学生をパスするとすぐに女子学生の前に車線を変えた。
「おいおい、いい大人のすることじゃないだろ」と。
彼女のペースをわざわざ崩す必要があるのか。
それとも自分のペースを崩される方がイヤなのか。


と、楽しみにしていた下流のサイクリングだったけど
3週間ぶりの好天だから尚更なのか
ちょっと、マナーのワルさっぷりが目に付いたのが残念。
自転車もそれ以外も。

途中、若いローディ2人とママチャリか何かの事故があったのか
パトカーが来て実況見分をしているのを見かけた。
周りの立場を考えずに勝手な事をした結果が事故じゃ
レジャーでもスポーツでもなんでもないよ。


荒川河口

今回の走行記録

走行時間:5時間11分14秒
平均時速:22.5km/h
最高速度:38.6km/h
走行距離:117.07km


やっっぱり、マッタリ走れる上流の方が向いてるのかな。

« 葛西臨海公園までやってきた! | トップページ | 荒川ロックゲート »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/6539753

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての荒川下流:

« 葛西臨海公園までやってきた! | トップページ | 荒川ロックゲート »