« 初秋の逗子海岸 | トップページ | 雨、降んなかったのに... »

2005-10-14

近頃流行の"輪ゴム"について

近頃じゃシリコンバンド(ラバーバンド)の類をつけている人も珍しくなくなった。

一番多いのはホワイトバンドか。一番入手しやすいし、各界の有名人がこぞって出演するCMをガンガンやってるから、(日本の)一般の人にとっては「シリコンバンド=ホワイトバンド」だと思う。

以前から殆ど寄附に回らないなんて問題視されていたけど、実は1円も寄附に回っていませんでしたとも報じられている。真偽の程は判らないけど、大掛かりなイベントをしたり、先に述べたCMをガンガン流していたりするわけだから、ちょっと考えれば「全額とは言わないけど大して寄附に回ってないな」って事は容易に想像できるけど、チャリティーとは全く関係のないシリコンバンドもあるし、ファッション感覚で身につけるっていうのが一番の理由だと思うから、それはそれで構わない気もする。

とか言ってる私も、イエローバンドをしている。説明するまでもなく、あのランス・アームストロング財団のLIVESTRONG。サーファーの同僚は津波による被害救済・復興を支援する為のブルーバンドをしている。

正直なところ私がつけている理由は、善意とかよりも自転車に乗るための標準装備といったもの。別につけたから速くなるわけでも、効能があるわけでもないけど、ディスカバリーチャンネルの選手を始めとしたプロのロードレーサーがつけてるのを見れば、「俺もつけよう」という気になる。結果として善意に繋がればそれでいい。大々的にキャンペーンをやってるわけじゃないから(ランス自ら広告塔だから)、かなりの割合が寄附に回ってるんだろうっていうのもあるけど、自分の趣味の延長が善意になるっていうのが身につけてる理由。前述の同僚も多分同じ理由なんだろう。

ただ一ついえることは、チャリティーを謳うんだったら、例え「ファッションで」っていうのが理由だとしても、多少なりとも善意の心から身に着けている人たちが馬鹿を見るような事がないように祈りたいものです。

« 初秋の逗子海岸 | トップページ | 雨、降んなかったのに... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/6401800

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃流行の"輪ゴム"について:

» イエローバンド [副番長日記]
ウエンツ先輩が、ホワイトバンドに続いてイエローバンドを左腕に巻いてきました。 ウエンツ先輩とは、あのタレントのウエンツ瑛士と同じ名字の父親がドイツ人、母親が日本人というハーフの先輩。誰に似ているかと言えば、ジョージ・クルーニーを若返らせたようなMr.ダンディー。 そのウエンツ先輩が、売上はガン患者を支援したりガンの研究に寄付されるというイエローバンドを身に付けてきました。 (→ウエンツ先輩参照記事)... [続きを読む]

« 初秋の逗子海岸 | トップページ | 雨、降んなかったのに... »