« 負けず嫌い(笑) | トップページ | Google Maps が面白い!! »

2005-07-09

メジャー or マイナー

8日に開かれたIOC(国際オリンピック委員会)の総会で
2012年のロンドン五輪の実施競技から
野球とソフトボールの除外が決まった。

除外の理由は、世界的な普及の低さ。
特に欧州とアフリカから支持が得られず
野球が盛んでないロンドン開催って事も影響したようだ。
実際、アテネ五輪では
野球の入場券は53.2%しか売れなかった。

そもそも野球が五輪の正式種目に採用されたのは
女子柔道と共に92年のバルセロナ大会から。
柔道と野球、どちらも日本では盛んな競技だけど
国際化を果たした柔道に対して
ローカル競技の域を脱せなかったという事なのだろう。

この決定を、今朝のスポーツ紙が各社1面で報じられている。
五輪を目指していた選手がかわいそうとか
アマチュア選手の夢がなくなったとかのコメントや
メジャーリーグが選手を出さないのが最大の理由だとか
五輪が商業主義になりすぎたとか
1面だけでなく、2面・3面も使って大きく報じられている。
それを受けて朝の情報番組でも繰り返し報じていた。
こんなに大きく報じられるのは
野球が盛んな日本では一大事件でもあるから。

そして、野球にとって初めて「マイナー」扱いされたから。

確かに五輪の正式種目から除外されたのは残念。
五輪を目指していた選手だけでなく
五輪そのものを楽しみにしていた人たちにとっても残念だけど
それを未然に防げなかった野球関係者も悪いんじゃないか。
五輪は商業主義っていうけれど、我が国の野球こそ商業主義だし
国際化に尽力したかといえば、片手間程度っていわれても仕方ない。

更にいえば、野球に興味のない者にとっては
それ程大げさに騒ぐほどでもないんじゃないの?
っていうのが実感だ。
今まで周りが身の丈以上に優遇していたから
今回の処遇を必要以上にショックに思うんだろう。

今はどうかわかんないけど、私が高校の頃は
強かろうが弱かろうが、野球部といえば好待遇だったものだ。
甲子園の県予選でも新聞社がスポンサーだから
1回戦から試合結果が報道されるのはあたりまえで
全出場校、入場シーンをパネルにしてもらっていた程。
野球をやっていた選手は何も悪くはないんだけど
周りが必要以上に商業主義に走ってはいなかったか?

一方、他の種目といえば
いつどこで大会をやってるのかってことすら
大会関係者と出場選手以外知る由もない。
彼らだって野球選手以上に上を目指して
頑張っているかもしれないのに。
世界を見渡せば野球以上に盛んなサッカーでさえ
当時はマイナー扱いだったんだし。
メジャーだろうがマイナーだろうが
五輪の正式種目だろうがなんだろうが関係なく
その種目をやっている人たちは大勢いるんだし。
五輪の正式種目の競技のほとんどだって
世界はともかく国内では
4年に1回しか注目されていないのが現実だし。

それでも残念な事には変わりはないから
これをバネに、野球関係者は商業主義一辺倒ではなく
真の国際化を目指して尽力して欲しい。

五輪の種目だって、また復活するかもしれないんだし。

« 負けず嫌い(笑) | トップページ | Google Maps が面白い!! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジャー or マイナー:

« 負けず嫌い(笑) | トップページ | Google Maps が面白い!! »