« ソーシャル・ネットワーキングから来られる方へ | トップページ | 違和感 »

2005-05-09

本屋の謎

何で本屋で雑誌を買おうと思っていってみると
立ち読みで表紙が折れ曲がったヤツしか置いてないんだろ。

週刊誌とかは入荷数も多いから、まだいいんだけど
趣味の月刊誌、特に毎月買ってるわけじゃないヤツ。
発売から何日か経って「あ、買ってこよ」と思って行ってみると
だいたい、表紙が折れ曲がったヤツ1冊だけしか置いていない。

前々から思うんだけど、本屋って売る気あるのか?
っていうか、本屋って本を売る商売じゃなくって本を並べる商売の事でしょ。
どうせ売れ残ったら返本するからいいやってのが本音じゃないかな。

立ち読み禁止って張り紙があっても、別に立ち読みをとがめる訳でもなく
その一方、雑誌を買いたいと思って本屋へ来ている客は
立ち読みしている客の背中越しから手を伸ばして
ようやくお目当ての雑誌を手にする始末。
なんで買おうと思っている本来の客が
買う気もない客(と呼べるのか?)に気を使わなきゃいけないんだ?

別に立ち読み全てを否定するつもりはないんだ。
情報誌や趣味の本などを買う場合
同じような内容の本や雑誌の中で
どれが一番見やすいか、自分が知りたい情報が載ってるか
などを確認したうえで買いたいもん。

確かに立ち読み客が1人もいないようなお店では買いたくないのも事実。
でも、立ち読みされまくった本は買いたくない。
だから、そのお目当ての本を探してその後何軒か回る羽目になる。

だからって訳じゃないけど、週刊誌はキオスクで買うことが多いし
(キオスクなら立ち読みできないからね)
新書などは本屋で探すの面倒だからアマゾンとかで買うことが多い。
活字離れとか言うけど、こういう側面があるから
本屋で本を買いたくないって人も多いと思うんだけど、どうだろ。

« ソーシャル・ネットワーキングから来られる方へ | トップページ | 違和感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/4046604

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋の謎:

« ソーシャル・ネットワーキングから来られる方へ | トップページ | 違和感 »