« ようやく来たか? | トップページ | 館林へ行って来た。 »

2005-04-26

やりきれない...

昨日発生したJR福知山線の脱線事故。
テレビでは昨日からずっと現場の悲惨な状況を伝えている。

出勤途中、学校へ登校途中、遠足、旅行など
それぞれの方がいろんな目的でたまたま乗車した電車が
一瞬のうちに大事故に巻き込まれた。
そんなニュースを見ていると、本当にやりきれなくなる。

毎日の通勤で鉄道を使っている者にとっては
決してテレビの向こうの話ではない。
今日も常磐線でトレーラーと衝突事故があったように
自分が乗る電車は事故を起こさないなんて保証はどこにもないけど
自己防衛の方法がほとんど皆無っていうのが
やりきれないと思う理由。

そう考えると、車両点検で40分も遅れた今晩の埼京線は
事故を未然に防いでくれたのかと思えるけれど
そもそも、大小さまざまな事故や遅れが毎日のように発生するのは
偶然じゃなくって必然。多分どこかに問題があるんだろう。

今回の事故は、もちろんJRの責任が大きいとは思う。
オーバーランはもちろんJRのミスだけど
1分半の"遅れ"を許さない世の中の風潮が
遅れを取り戻そうとオーバースピードにつながったのかも知れない。
JRの発表だから眉唾モノだけど、言い分だけ聞いてると
同情の余地はないけど、何かしらの必然があったのかとも思う。

私もそうだけど、朝の出勤時に電車が1〜2分でも遅れればイライラするし
「遅れたんだからもっと飛ばせよ」なんて思うこともある。
思うだけでなく食って掛かる乗客もよく見かけるし。
そう考えると、そういった重圧の中で
あの過密ダイヤを運行するJRの職員は本当に大変だと思う。

もっとも、今書いた事は今回の事故に対しては全く当てはまらない。
ただ、今回の事故以外を除けば多少の遅れはやむ終えないというか
安全面を考えるとかえってその方が望ましいのかもしれない。

インフラ整備が利用者の増大に追いついていないのは明らかなんだけど
都心の土地価格などを考えるとインフラ整備もままならないだろうし
かと言って鉄道の利用を控える事も出来ない。
痴漢防止のため、女性専用車両を設けるなど
サービス面での改善は確かに見られるんだけど
そういった事の以前の問題として
鉄道の根本的な問題が潜んでいる事が今回の事故で再認識させられた。

明日から気をつけないとと思ってみても
自分では何を気をつければいいのか解からない。
先頭車両に乗るのは遠慮した方がいいのかと思えるけれど
以前の事故では後方車両が脱線した事もあった。

やっぱり、やりきれない。

でも、毎日のように遅れる埼京線(へ乗り入れる湘南新宿ラインも)は
何とかしてくれって言うのが本音。

« ようやく来たか? | トップページ | 館林へ行って来た。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やりきれない...:

« ようやく来たか? | トップページ | 館林へ行って来た。 »