« 危なかった... | トップページ | 梅の花となごり雪 »

2005-02-24

大名古屋ワンダーランド

出張で名古屋へ行って来た。

名古屋へは今まで何度も足を運んでいるものの
いつもとんぼ返りで、街中を歩いて回った事はなかったので
一仕事を終えた私は「名古屋の街ってどんなところなんだろ」と
名古屋市街をちょっとぶらつくことにした。

決して遊び(っていうかネタ探し)がメインじゃないよ(笑)
商談するにしたって、市場を知らなきゃ説得力ないでしょ!!

と、かなり強引な理由をつけて地下鉄へ乗り込む私。
そういえば、名古屋の地下鉄に乗るのも初めてだ。

全く地理勘のない土地だけど、名古屋といえば
『尾張名古屋は城で持つ』って言われるぐらいだから
まずは名古屋城へ向かう事に。

って既に市場調査とは全く関係ない方向に...
っていうか、また“お城”かよ。

で、やってきました。名古屋城!!

・・・
うぅっ、既に閉館だ...

しょうがないので、隣の体育館から金の鯱だけでも...

名古屋城は修復中

げげっ、工事中?っていうか修築中?
鯱、全く見えず(泣)


くっそ〜。
こうなったら、次はテレビ塔だ。


と、名古屋城を後にした私はテレビ塔目指して歩き出した。
途中、何かネタがないか探しながらね。


市役所前で、さっそくネタ発見。

モリゾーとキッコロ?

植木に何故か目と口がついているぞ

??...!!

おお、愛・地球博のマスコット、モリゾーとキッコロなのね(笑)

でも、結構不気味...
 
 
 
続いて愛知県庁舎。

愛知県庁舎

地元の人はあまり気にならないのかもしれないけど
他県から来た人間にいわせると

「こんな建物でいいのか?」

さっきのモリゾーとキッコロといい名古屋気質が垣間見える。
さすが、天むすを生んだ街だ。
 
 
 
さらにテレビ塔へ向かって歩を進める私。

テレビ塔の向かいにある公園で妙なモノを見つけた。

ロサンゼルスの石

『ロサンゼルスの石』

ロサンゼルスと名古屋市の友情と交流を記念してロス市民から贈られた
中部カリフォルニア産「アラバマ丘陵の石」で
1億8千年前(3畳紀時代)のものらしい。
(石の説明書きのプレートより引用)

そう言われるとありがたい気もするが、単なる石でしょ!!
こんなものを運ぶのにわざわざ天下のトヨタは協力したんかい!!

ま、それが名古屋流なんだろう。


ちなみにこの公園の名前は「ロサンゼルス広場」

ロサンゼルス広場

どの辺がロスなんだろうか。
いい所だけど、人、少ないね。


で、目的地のテレビ塔に到着。

テレビ塔


少し歩いただけでも、名古屋らしさの一端に触れることができ
ちょっとカルチャーショック。

出張で全国の街に行く機会が多いんだけど
こんなにも違和感を覚えた街は始めてかも。
コテコテの大阪も最初は確かに違和感を覚えたけど
名古屋の違和感はそれとは別次元。
例えるなら、なにか変な食い合わせで腹を下したような感覚。

そっか〜。
だから訳のわかんない食べ物が多いのか。

もっとも、個人的にはこういうノリって好きなんだけどね。

大名古屋、あなどれないな...

« 危なかった... | トップページ | 梅の花となごり雪 »

オモシロ看板・謎オブジェ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/3040341

この記事へのトラックバック一覧です: 大名古屋ワンダーランド:

« 危なかった... | トップページ | 梅の花となごり雪 »