« ホワイトイルミネーション | トップページ | 体脂肪燃焼強化ポタリング »

2004-12-10

大湯祭

12月10日と言えば「大湯祭」

大湯祭

大湯祭(だいとうさい)とは
関東一円を中心に全国に220社程ある氷川神社の総本社
武蔵國一宮・大宮氷川神社で毎年12月10日に行なわれる神事。
大湯祭は江戸時代から続いており
氷川神社の行事の中では最も盛大な行事だと思う。
地元の者には「十日市(とおかまち)」と親しまれています。

大湯祭の詳しい由来は良くわからないけど
大湯祭といえば参道に「熊手」の露天商が軒を連ねる。
だから商売繁盛を願って熊手を買い求めるのが
大湯祭だと勝手に思ってる。
 
 
 
たまたま午後から大宮で仕事だったので
私も勝手に会社の所属グループを代表して
商売繁盛を願って小さな熊手を買いに行く事に。

多くの露天が並ぶ中、どこで熊手を買ってよいのか悩む。
やっぱりこういったものは威勢のいい親父の店で買うのがいいか
それとも成約の札がたくさんかかってる店の方が縁起がいいか

いろいろ店を見て回ってるうちに声がかかった。
「可愛い熊手もあるので見ていきませんか」
と若い女の子。

この店に決定(笑)

こういうものはやっぱり何かの縁だろう。
どうせ買うなら可愛い女の子が切り盛りしている店がいい。

「そんなに大きくない熊手でいいんだけど」と私。
手頃な大きさの物は、2,000円ぐらいから5,000円ぐらいまで。
さすがに2,000円で商売繁盛もないだろうから3,000円の熊手を買ってきた。
女の子が言うには
2,000円の物よりちょっと鯛の大きさが大きいところがミソらしい(笑)

来週会社へ出社したら、さっそく飾る事にしよう。
これで1年間は商売繁盛することだろう(笑)

 
 
ちなみに、ここ「大宮」の名前の由来は
大いなる宮居=氷川神社からつけられたものです。
大宮は中山道の宿場町である以前に
氷川神社の門前町でした。

その氷川神社の美しい朱塗の楼門を紹介して
今日のblogはおしまいです。

氷川神社の朱塗の楼門
 
 
 
 
追伸

今日から、イオン与野SCがプレオープンらしいです。
近日中に行って見る予定ですが
やっぱり今日は大湯祭でしょ。

« ホワイトイルミネーション | トップページ | 体脂肪燃焼強化ポタリング »

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/2223146

この記事へのトラックバック一覧です: 大湯祭:

« ホワイトイルミネーション | トップページ | 体脂肪燃焼強化ポタリング »