« ユニクロの功罪 | トップページ | 結局ダウン... »

2004-11-07

岩槻にもあった『時の鐘』

なんか体の調子が悪い(+_+)

金曜の夜辺りから、昨年治療した奥歯が痛み出した。
昨日はバファリン飲んで、やり過ごしたものの
今朝方、急に痛み出して飛び起きる始末。

バファリンを1日に何回も飲むわけにもいかないので
ガム・デンタルリンスを買ってきて何回も口をすすぐと
わずかな鈍痛は残るもののまだ我慢できる範囲におさまった。

ふぅ。

天気がいいから朝からどこかへMTBで繰り出そうかと思ったものの
こんな顛末で出鼻をくじかれた。
しょうがない、午後から近所でも走ってこよう。

などと思ってたら、今度は体が若干だるくなってきた。
救急箱から体温計をとりだし
体温を測ってみると37.1℃。微熱がある。

ただでさえ奥歯が痛いって言うのに、今度は微熱。
うう、最悪だ。
もしかしたら歯痛も微熱も原因は一緒なのかも。

「微熱の時は思いっきり体を動かして、汗をかいて体温を下げるのだ!!」

っていうのが、昔からのポリシーなので
無理しない程度?にMTBで走ることにした。

今日の目的地は人形のまち「岩槻市」
来年4月1日に、さいたま市10番目の区になる事が決まったので
それを記念して?のプチポタリングなのか。
密かにマイブームとなっているお城めぐりの一環で
岩槻城址でも見てこよう。

一応、下調べをして、見るべきものをあらかじめチェックしていると
岩槻にも『時の鐘』があるようだ。

時の鐘と言えば、川越のそれが有名だけど
同じようにかつての城下町で交通の要所だった岩槻にもあるとは驚きだ。

さっそく、あまり調子が上がらないものの
交通量の少ない道を選んでMTBを走らせる事、45分。

ようやくついた、岩槻版『時の鐘』

岩槻の『時の鐘』

川越のように蔵造りの町並みの中に建っているのではなく
普通の民家に囲まれて建っているから、ちょっと雰囲気が違う。
これは確かに、穴場的スポットだ。

脇の公園には岩槻城址の碑が建っているものの
ここはお城の中ではないので
本当のお城の址を探すためにMTBを走らせる。

少し走って、民家のブロック塀に囲まれた「大手口」の碑を発見。
続いて、消防署の敷地に「三の丸」の碑を発見。
いよいよ本丸までもうすぐだ。
と思ってたけど、「本丸」という碑を見つけることは出来ず。
何となく、マミーマート(前はDマートがあった)周辺が本丸址っぽい。
その辺一帯の住所が「岩槻市本丸」だから
恐らくその一帯が本丸だったんだろうと勝手に決めて家路に着いた。

ネットで調べてみたら、やっぱりそうだった。
こちらのサイトに詳しい地図が掲載されていました。)


今回の走行データは

走行時間:1時間53分45秒
平均時速:18.0km/h
最高速度:33.8km/h
走行距離:34.29km

体調が悪かった割には結構頑張ったな。

だけど...

こんなことをしていたせいで、更に体調悪化...
現在、体温計は38.0℃と示している。

明日、出勤できんのかな。

« ユニクロの功罪 | トップページ | 結局ダウン... »

城郭・史跡」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33843/1892478

この記事へのトラックバック一覧です: 岩槻にもあった『時の鐘』:

« ユニクロの功罪 | トップページ | 結局ダウン... »